« ザウルスをLANに繋いだぞ。 | トップページ | いろいろ刷新したぞ »

2003/08/27

箱根で美味しいビーフシチューを食べたぞ。

 この日曜から月曜にかけて、箱根に骨休めに出かけた。ここ三年、今年の日本SF大会の事前打ち合わせのために会場ホテルに通いつめる日々だったので、大会も終わったことだし、ひさしぶりに一度、ホテルニュー塩原以外の温泉に行きたくなったのだ。
 昼食に立ち寄った宮之下の富士屋ホテルのグリルで、絶品のビーフシチューを戴いた。このグリルは、ホテルのメインダイニングの料理を、気軽に味わえるという触れ込みだが、まあ、気軽とはいっても、そこは歴史と伝統を誇る日本最古のホテルの一つ、カジュアルなレストランといったって、ウェイター・ウェイトレスの所作は機敏だし、ゲストに対する気配りが、まるで違う。
 この昼食をはじめとして、今回は、宿の料理も、その他の食事も、全部当たりだった。やはり、良い食べ物に恵まれると、旅の成功は半分、約束されたようなものだ。
 宿泊したマウントビュー箱根の風呂が、夏の間は引き戸になった内風呂の壁面を大代的に開け続けているらしく、気持ちの良いオープンエアのお風呂になっていたのが、また良かった。夕方入って好し、日が暮れてから入って好し、夜中入って好し、朝入って好し。24時間いつでも入れると云うのが良い。
 小田原で電車を降りて車を借りて、二日間、レンタカーで、箱根野坂を登ったり下りたり走り回ったが、日曜から月曜と云うことで、例の元箱根から小田原まで続くような箱根旧道の大渋滞とはかなり無縁で済んだのも良かった。とはいえ、夏休み期なので、宮之下や湯本ではサンデードライバーが小さな渋滞をいくつも作っていたのだが。
 びっくりしたのは、中国人の観光客が大挙して押し寄せていた大湧谷。駐車場を下りたとたんに、中国語の嵐。土産物屋も源泉への遊歩道も名物の黒たまご屋も、日本語の方が珍しいと云う勢いだった。
 黒たまごといえば、大湧谷の新名物、ご当地キティの黒たまごキティ。真っ黒なたまごの殻をやぶって出て来る黒いキティちゃん。腹掛けをして熊にまたがった足柄山の金太郎キティといい、箱根近辺のご当地キティは気合いの入った変さがいいぞ。

|

« ザウルスをLANに繋いだぞ。 | トップページ | いろいろ刷新したぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/477070

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根で美味しいビーフシチューを食べたぞ。:

« ザウルスをLANに繋いだぞ。 | トップページ | いろいろ刷新したぞ »