« 超特大プリンだぞ | トップページ | 大須サイバーシティにメイドさんカフェを見たぞ »

2003/10/29

大名古屋温泉に宿泊したぞ

 10月24日金曜日。焼津で巨大プリンを撃退した我々は、一路名古屋へと向かった。当然だが、なにか、醤油味か味噌味の、濃いめのしっかりしたモノが喰いたい。よおし……というわけで、すっかり日の落ちた名古屋市内を巡航し、名古屋駅新幹線地下街エスカの山本屋に、味噌煮込みを喰いに行く。名古屋市内はずいぶん道が変わったり、建物がそっくり建て換わっていたりするから、絶対ある店ということで、新幹線地下街を目指した。ここの山本屋は、神北がどうこう言う必要の無いほどの有名店だが、敢えて言っておく。名古屋コーチンや黒豚でなくても、普通の味噌煮込みで十分美味しいぞ!!
 味噌の濃さと焦げ具合、うどんの固さ、落とした卵の固まり具合。どこをどうとっても正真正銘、正しい味噌煮込みなのが嬉しい。ご飯、漬け物がおかわり自由なのがまた嬉しい。ここの漬け物は食が進むのだ。

 かくして、からいものでプリンの精進落としをした我々は、一路、その日の宿、大名古屋温泉へ向かう。ここのチョイスは、神北のリクエストだ。近鉄・JRの八田駅から歩くか、車なら名古屋の中心から二〇分ほどで広い駐車場が迎えてくれる。かつて、ダイナ☆コンが、開催場所の米川旅館に収まり切らなくなった規模的拡大時に、逃げ込む先として当時の実行委員会が選んだのが、この大名古屋温泉だった。一階が大浴場、二階が大中の広間と食堂、三階が宿泊客室。きれいに構成されたそこに、ダイナコンはかなり長い間留まり、今に続くそのスタイルを確立した。
 しかし、1990年代に入り、老朽化の進んだ建物は、特に三階の宿泊室において、いくつかの雨漏りを抱えることとなった。そして、ある年、大雨の重なったダイナ☆コンの日に、参加者の部屋変更等を含む数々の問題が発生し、ダイナ☆コンは、次の地、現在の宗教公園五色園へと移ることとなる。
 その大名古屋温泉に久しぶりに行ってみよう。大改装の結果をこの目で見てみよう。というわけで、我々のダイナ★コンの前泊は、大名古屋温泉(素泊まり4,500円)になったのだ。
 ほぼ一〇年ぶりの大名古屋温泉は、その様相を一変していた。旧大浴場——あのダイナ☆コンで、名物の真夜中企画『日付変更大水泳大会』が行われた、大人の腹まである深さと、小学校の25メートルプールを彷彿とさせる広さを誇る、あの大浴場——はきれいさっぱりなくなり、新しい食堂が出来ていた。そのかわり、昔、温水プールや駐車場だった部分に、真新しいクア施設が建設されている。新しいクア施設は、サウナ、泡風呂、電気風呂、露天などの各種施設を持ち、新興のいわゆる「温泉ランド」に一歩もひけを取らないバラエティーさを持っている。そして、嬉しいことに、大浴槽の真ん中付近に段差に注意の文字がそう、そこから先は、旧大浴場と同じように、深めに作ってあり、往時を知る者には心持ち小さい気はするが、湯煙で向こう側の壁が見えなくなる程度には巨大な、大浴槽となっている。深さに関しては、神北が両手を中指までピンと伸ばして底に付け、首を上向ければ、なんとか呼吸できるという深さも、ほぼ同じ。嬉しいな〜。
 しかし、二階・三階は、ほとんど昔のまま。壁に描かれた花鳥風月もそのまま。うーむ。時間が止まったようだ。あまり、「うぉー、変わってねー。懐かしー」を連発していたので、部屋に案内してもらった従業員の人に変な目で見られちまったぜ。
 昔のダイナ☆コンを知るひとだけ笑ってください。部屋のトイレ=昔のまま。クローゼット代わりの茶色く塗られた事務所用四連ロッカー=昔のまま。布団入れ用の押し入れ代わりの茶色く塗られた事務所用収納庫=そのまま。強くもたれるとバラバラっとくる昔ながらの壁の塗り=昔のまま。引いてある布団を退けて、企画を始めないといけないような気になってくる。うむむ。この手応えが大名古屋温泉だ。なんだか嬉しいな〜。

 翌日、九時半頃まで(いや、グランセイザーが終わるまでなんですけどね。)のんびりした我々は、大名古屋温泉を後にし、ダイナ☆コンまでのひと暴れと、大須の電気街に乗り込んだのである。

 かくして、神北、古市、真庭、プリン野郎の男四人旅の話は、まだ続く。

|

« 超特大プリンだぞ | トップページ | 大須サイバーシティにメイドさんカフェを見たぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/477110

この記事へのトラックバック一覧です: 大名古屋温泉に宿泊したぞ:

« 超特大プリンだぞ | トップページ | 大須サイバーシティにメイドさんカフェを見たぞ »