« エッチサイトの課金を踏み倒したらしいぞ | トップページ | あけましておめでとうございます。……だぞ »

2003/12/10

バージョンアップは大ごとだぞ

 遂に来た。アドビのPhotoshop・Illustrator・InDesign・GoLive・Acrobat Pro・その他の、纏めてバージョンアップ。クリエイティブスーツ、略称CSってやつだ。ソフトを入れ直すごとに、一つひとつ面倒くさいユーザコードを打ち込んでいた今までの混乱状態は酷いものだった。インストール中にユーザコードを入れるもの、インストール後に最初に立ち上げた時に入れるもの。前のバージョンを探しに行くもの、それはせずに前のバージョンのユーザコードを要求するもの。一つ一つやり方が違う上に、Acrobatに至っては、ユーザ名や組織名を日本語にしておくと立ち上がらなくなるという致命的なバグを含んでいた。しかも、それは一旦アンインストールして、入れ直さないとなおらないという最悪の作りだった。さらに、他のアドビソフトと同じファイルを使ってパーソナイズしている為、Acrobat一つを入れ直す為に、結局全アドビ製品の入れ直しが必要になった。
 この混乱を是正する為に、今後、スーツに含まれるソフトは一つのユーザコードで一元管理できるようになるらしい。これは歓迎だ。
 しかし、AcrobatProを除くほぼ全てのアプリを持っていた神北にしてみると、このバージョンアップ、ちょっと困った物だ。このバージョンアップコースは、Photoshopユーザに対してのみ与えられるものだと云う。つまり、今回のバージョンアップは「Photoshopのバージョンアップ」しかない。逆に云うとPhotoshopをバージョンアッブする事と一緒に自動的にIllustrator・InDesign・GoLive・Acrobat Proを新たに安価に買わせる作戦なのだ。今まで持っていたIllustrator等は捨てて来いと云われているようなものだ。
 救いは、それぞれをバラバラにバージョンアップするのと、まあまあの等価程度(若干高めだが、付いて来るファイル管理ソフトの価値が宣伝文句通りに高かったと勘案した場合、なんとか……)に納まっているらしいことと、バージョンアッフ対象になっていないPhotoshop意外のソフトのユーザコードが残るという事だ。この機会に安価にもう一本、IllustratorやInDesignを買えるという考え方がないでも無い。
 しかし、企業とかなら本数を増やしておいて困りはすまいが、我々個人ユーザはちょっと状況が異なる。たしかに、デスクトップとノート等、何本も持っている事によって便利に使うことは、個人ユーザにも恩恵かもしけない。だが出来れば、Illustratorのユーザコードを持っている人がマイナス1万、InDesignのユーザコードを持っている人はマイナス1万……と、ユーザコードを統合する事によって値引額が上がってくれた方が、将来何本も持てるよりもずっと嬉しい。
 なんといっても、正規価格19万8千円、バージョンアップ価格でも12万8千円もするのだ。ここから、IllustratorとInDesignとGoLiveと、ProではないがAcrobatと、あと今回、ひとつの機能としてIllustratorに統合されるAdobe Dimensionのユーザだった分を差し引いてくれたら、その分で、このCSが十二分に暴れ回れるだけのメモリも買い足せるというものではないか。
 アドビが、古くからのユーザに優しいと、このバージョンアップ、もっと嬉しいのになぁ。

|

« エッチサイトの課金を踏み倒したらしいぞ | トップページ | あけましておめでとうございます。……だぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/477160

この記事へのトラックバック一覧です: バージョンアップは大ごとだぞ:

« エッチサイトの課金を踏み倒したらしいぞ | トップページ | あけましておめでとうございます。……だぞ »