« フォトニックフラクタルに蓄積だぞ | トップページ | 新時代が来たぞ »

2004/01/13

お礼参りに行ったぞ

 一年の区切りは節分なので、旧暦でいう一年にはもう少し余日が在るが、この終わる一年、神北は数え歳で四十三歳。いわゆる男の厄歳の後厄にあたる。そんなに信心深い訳ではないが無病息災を願い、前厄の年から三回、年始に神田明神に詣でてお祓いをしていただいている。2004年1月11日、そのお礼参りに行って来た。
 神北夫婦は、その前日の宴会でモノを受け渡す約束をしたプリン野郎こと塩坂くんと、朝十時半に上野で待ち合わせた。頼まれた荷物を運んで東京都美術館まで車で来るので、ブツをそこで受け渡しましょうという話だった。わざわざ、上野公園の果ての駐車場からJR上野駅の公園口までやってきてくれたプリン野郎とともに、ちょっと重たい荷物を先ず塩坂号に格納するために、3人で歩く。
「これからどうする?」
「や〜、特に予定は無いんですよ」
 というので、じゃ、一緒に神田明神に厄払いに行かないかいと、お誘いする。昨年、突然リストラされたり、なんだかんだと大変だったプリン野郎としても、それに関して否は無い。じゃ、上野の山から神田まで、プラプラ歩いて行こうということになった。2.5キロから3キロ程度の散歩だ。
 上野から秋葉原に向かって上野広小路、つまり秋葉原中央通りを歩いてゆくと、鈴本演芸場とお江戸上野広小路亭の二つの寄席の前を通る。夏の日本SF大会でお世話になった林家しん平師匠の名前が在ったら入ろうかなと覗いてみるが、その日の出演の予定は無かったようだった。ちょっち残念。この道沿いは、思わぬ老舗がふっと残っていたりして、歩いていて楽しいコースだ。意外な発見が在ったりする。が、地下鉄末広町駅のところで蔵前橋通りを渡ると、そこから先は、よく知った、いわゆる秋葉原だ。不思議に思うかもしれないが、基本的に秋葉原という地名は、台東区のはずれだけで、京浜東北線と昭和通りの間で蔵前通りの南側の、東西200m×南北120mの狭い地域にすぎない。少々の誤解を恐れず言えば、そこは電気屋のある街ではない。秋葉原駅が在り、いわゆる電気街と呼ばれているあたりは、おおむね千代田区外神田と言う地名が付いている地区で、その他、神田佐久間町・神田花岡町あたりまでが、いわゆる「世界のアキハバラ」である。更に付け加えておけば、神田明神もこの外神田である。秋葉原の土地の成り立ちと地名の由来はここにも書かれているように、秋葉権現を勧請した防火用地に端を発するが、既にこの社も別の地へ移動しており、今現在、いわゆる秋葉原電気街の神様と言えば、神田明神ということになる。
 神田明神は、言わずと知れた江戸総鎮守の社だ。祭神は三柱ある。一ノ宮は「大己貴命(オオナムチノミコト)」さま。大国主命ともいわれ「だいこく様」と親しまれ、国土経営・夫婦和合・縁結びの神様としてのご神徳を持つ神様。二ノ宮は「少彦名命(スクナヒコナノミコト)」さま「えびす様」として、商売繁昌・医薬健康・開運招福の神様として親しまれる神様。三ノ宮は「平将門命(タイラノマサカドノミコト)」さま。平安末期の武将で、関東の英雄として知られる。「弱きを助け、強きを挫く」神様として、また江戸・東京の守護神としても崇敬されている。
 昭和の中頃には有志によって境内に、明神下に居を構えていた銭形平次親分の碑が建てられた。(脇に八五郎兄ィの碑もある。)もちろん、平次親分は野村胡堂の書いた捕物帳の作中人物であり、実在人物にモデルをとった池波正太郎の『鬼平犯科帳』のように主人公が実在はしていないが、縁の地ということで、本殿の脇にその碑が作られた訳だ。下って今年の正月、NTT系企業のキャンペーンで秋葉原で巫女さんが、神田明神の絵馬を配った。なんか、『帝都物語』でおどろおどろしく描かれている将門様だが、神田明神というお宮さん自身は物わかりの良い神様だと言う気がする。
 神北家では、関東に出て来てから、いくつかの近所の神社に詣でたが、気がついたらいつの間にか、神田明神に行き着いていた。もともと、秋葉原というのは我が家にとって、結構生活の要の街なので、神田明神という選択は自然な流れだったのだと思う。
 上野から秋葉原経由で神田明神に行くには、蔵前通りを折れて神田明神の裏の方から入る道もあるが、初詣が裏からというのも変なものなので、神田明神通りを行き、参道を上ってゆく。なお、この神田明神通りをはさんで明神様の向かい側(南側)には湯島聖堂がある。直線距離にして800m程離れた湯島天神と勘違いされることが多いが、天神様と聖堂は別物である。
 神社に入る前に脇の公園にある公衆トイレによると、公園に多くのご老人が集まっているのでびっくり。男女ともにほとんどの方が、ご隠居さんというお年なのだが、みなさんさっそうとした歩き易そうな格好の上に何かゼッケンをつけている。どうも、歩け歩け運動とか、そういったものの参加者らしい。イベントスタッフらしく腕章をした世話役の人たちも散見する。初詣としては面白い趣向なのかもしれない。
 神社に戻り、手水場で身を清め、社殿の裏に去年のお札をお返ししてからいざ本殿へ。昨年は、朝イチのお祓いに二組だけだったのたが、今回は十組近くが一緒。白い羽織のようなものを着せてもらって暫し待つと、名前を呼ばれ、履物を脱いで昇殿。神田明神ではお祓いの後、脇に進んで別の口から出てくるので、履物は袋に詰めて持って上がる。ここいらへんは慣れたもの。お祓いを受けるものが座る所には、畳の上にカーペットが敷かれている。はじめて昇殿させていただいた時にはまだ冷たかったのだが、何年か前からホットカーペットになってちょっとびっくり。さすがは電気街の神様。物わかりがいい。
 家内安全と商売繁昌を祈願する。
 祝詞が終わると、脇から資料館の方に抜けて、お神酒を頂き、お札とともに人数分の開運招福守護、つまりお守りを授けていただいて、ハイおわり。そんなに長い時間でもないが、一年に一度身が引き締まる、よい経験である。
 この後、携帯電話に付けて常に持ち歩いている勝守と、もうひとつ、神田明神ならではのIT情報安全守護を買って、初詣は終わりだ。この勝守、いつもは一年を経てお返しするときも何ということは無く奇麗なままなのだが、今回お返しした去年のものは、いつ付いたものか全く判らないが、ビニールケースごと酷い傷がつき、凄い状態になっていた。厄を防いで戴いたのだろう。
 神田明神の参道にある甘酒屋で一息入れていると、プリン野郎がさっき貰ったお札の袋の中に、福引きの券を発見。これは!ということで、引き返し、境内で福引きをする。あちこちの電気屋さんからいろいろな家電品が景品に出されていたが、結局、外れ籤で、タネ銭とホッカイロを貰う。タネ銭というのは、商売のタネ銭なので、サイフや金庫に入れておくと、目が出て葉が出て花が咲き、最後に実りを迎えると言うワケだ。さっそく財布にしまい込む。

 秋葉原という街は、みんな電気街だと思っているが、最近では、そのAV機器やゲーム機で使うソフトや関連書籍を皮切りに、電気を使わない製品が急速に増えている。といっても、昔のように、パソコンを運ぶカバンとか、ペンチやドライバーと云った工具とか言う話ではない。フィギュアをはじめ、様々なオタクグッズを専門に商う店が急速に増えているのだ。
 プリン野郎が「笑えますよ」というので、コスプレ屋さんに行ってみる。女房は呆れて入って来ないが、まあ、入って来なくて正解かも。世の中に、こんなに多種多様なセーラー服があるですか?……と問いたくなる陳列の奥に、世の中にこんなに多種多様なブルマと体操着があるですか?……と問いたくなる陳列。呆れるようなメイド服の列、果ては古着。縫い付けてあるクラスと名前の札が生々しいですが、何でしょうかあれは? いや、何かは判るんですが、何のために売っているんでしょうか? ナゾは深まるばかりでございます……。
 たしかに笑えると云えば笑えるんですが、微妙にシニカルに笑ってしまうかも。秋葉原はどこへ向かって行ってしまうのでしょうか?
 その後、しばらく前に秋葉原に出来た、新宿ねぎしに牛タンを食べに行った。ご存知の人には明々白々のことだが、仙台発祥の牛タン焼きは、韓国焼き肉で喰わせるタン塩とは全く違う料理である。水道橋の太助(味太助)をはじめ、東京にもたぶん数十軒は営業しているし、中野にもよく行く店がある。新宿ねぎしは神北の知る中で一番大きなチェーン店で、仙台風というよりは随分とオリジナル化されており、タン自身も名店太助と比べるとずいぶんと上品に薄めになっている。牛タン好きの諸氏には非常に評判が悪い店ではあるものの、まあ、好立地で行き易いというのがなによりの利点。結構首都圏下の大きなビルに入っている。当然三人とも牛タンW定食かと思いきや、女房はタンシチュー定食。プリン野郎はシチュー&タン焼き定食。なかなか、好みの分かれる所ではある。
 初牛タンを食した後、中央通りを南下。最近出来た中華風(ホンコン風)のティースタンドで、プリン野郎がお茶を奢ってくれる。ジャスミンチャイのタピオカ入り。量もあって、タピオカもなんだか巨大で面白い。6〜7ミリは軽く越えるような巨大タピオカを吸えるように極太ストローが付いていて、なんか笑える。
 この後、年末に注文していたカラープリンタのトナーをザ・コンピュータ館で引き取って、プリン野郎と別れて帰宅。カラーレーザーのトナー4本となると、7〜8万はかかるのだが、これ一本で多分1年近く保つので、費用対効果を考えるとそう無茶な値段ではない。ただ、次の週末に控えている、アドビ製品の史上最大のバージョンアップと時期的に重なったのが、ちびしいなぁ……。

|

« フォトニックフラクタルに蓄積だぞ | トップページ | 新時代が来たぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/477163

この記事へのトラックバック一覧です: お礼参りに行ったぞ:

« フォトニックフラクタルに蓄積だぞ | トップページ | 新時代が来たぞ »