« 涼しいぞ | トップページ | あいつの云うことは信じないぞ »

2004/06/25

買って買ってあれ買ってだぞ

海外ボツ!Newsに、米空軍の圧倒的優位は崩れつつある!?という記事が出ていた。
 インド空軍との合同演習で、インドが購入したソ連製戦闘機と模擬戦をやった合衆国空軍のF-15が、なんらかの予期せぬ結果を得て慌てている。ぶっちゃけていえば、「アメリカのぉぉぉ、空軍はぁぁぁ、世界一ぃぃぃぃ!」じゃないかも……と、アメリカ空軍がキモを冷やすような目にあった……つまり、ソ連製の戦闘機に落とされた……ということらしい。
 まあ、F-15なんていう、70年代から飛んでいる戦闘機をずーっと改良しながら使っているんだから、負けることもありそうだ。
 でも、ちょっと嫌な感じがする。もうF-15の時代じゃないから、F-22がどうしても必要という考察が付いているらしいのだ。

 つまり、ナニかい? 「タローくんもハナちゃんも、みんなぼくのよりいいパソコン持ってるんだよ。ぼくだけこんな旧式だと、勉強で負けちゃうよー」といいながら、新型パソコンをせびるお子チャマと同じですかい? 米軍は。

|

« 涼しいぞ | トップページ | あいつの云うことは信じないぞ »

コメント

 ごぶざたです。
 インド空軍相手に負けたんじゃないかとの記事、読みました。インド空軍のスホーイといえば、世界で唯一実戦配備されている推力偏向ジェットエンジン装備の最強のスホーイです。コブラとかクルビットやって話題になったあれ。
 普通に考えれば、三〇年前の機体であるイーグルが空力的に洗練されて推力偏向ジェットまで装備したスホーイに格闘戦で勝てるわけがありません。
 ではF22なら勝てるかってーと、あれはレーダーでアウトレンジ攻撃する戦闘機です。「F22がドッグファイトに入ったら、それは戦闘の手順をどこかで間違えたのだ」なんて技術者の発言もあるくらいで、やはり格闘戦でスホーイに勝つのは望み薄。
 今回の米軍上官の発言は、お察しの通り「あれ買って」「でないと負けちゃうよお」という主旨だと思います。

投稿: ささもと | 2004/06/25 10:52

ども。
 アメリカさんは、とにかく今、「何は無くとも遠くからボタン戦争」という方針で、何でもかんでもレーダーと誘導でアウトレンジ攻撃って感じがありますわね。
 どうしても近付かざるを得ない歩兵まで、光学迷彩で「撃たれ難くする」戦法。理由の二割か三割ぐらいは、そういう戦法は自国兵を殺さなくって済むと云うところにあるんだろうけど、のこり七割以上は、そういう兵器が高く売れるというトコロにあるんじゃないかという気がする。
 冷戦終結のあおりで、もう軍備を増やす時代じゃなくなったからねぇ。刀数を揃えるより、数本の名刀を高値で売りつける方が儲かる時代なんだな。というか、でないと、会社の運営に必要な売り上げ額が確保出来ないんだな。
 こういう軍需産業の金儲けとしての費用対効果を優先させて仕様が決まるような兵器の作り方から見ると、旧ソ連の技術者たちは、まだマジメに兵器開発してマジメに市場原理に乗っ取った商売してたんだろうなと思いますよ。現に、スホイ30なら、少しとはいえインドやチャイナでも買えるんだから。

投稿: 神北恵太 | 2004/06/25 13:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/836539

この記事へのトラックバック一覧です: 買って買ってあれ買ってだぞ:

« 涼しいぞ | トップページ | あいつの云うことは信じないぞ »