« 訃報が続くぞ | トップページ | パニクったぞ »

2004/10/14

真実は未だに謎だぞ

 日本のマスコミは、ときどき、極めて無能な伝言ゲーム集団と化する。
 ここ2日間程、そういうニュースがネットを賑わせている。

 フセイン元大統領 ヘルニアで手術

 付加情報としては次のような物が上がっている。
  ・バグダッドで行なわれた。
  ・手術は成功、術後の経過は順調。
  ・その他、高血圧と前立腺障害などの兆候がある。

 まあ、フセインが戦争裁判を前に死んでしまうようにコトが無いと判っただけでニュースの価値があると言ってしまえば、なんとなく、報道意図は判らなくはないんだが、イマイチ、肝心なことが伝わらないニュースだ。ロイターCNN朝日新聞河北新報CRI(中国国際放送)等を読み比べてみても、判って来るのは、上のようなコトのみ。だが、一番肝心な基礎情報が一つが書かれてない。

 フセイン大統領の病名は何?

 こんなことは、高校生程度で知っていても不思議無い程度の、単なる一般常識だが、『ヘルニア』というのは、何かが押し出される状態を表す言葉で、医学ではいろんな部位の全く異質な症状に関して使われる。つまり『ヘルニア』だけでは病名ではない。
 『椎間板ヘルニア』なら、脊椎の骨と骨との間に入るクッション材「椎間板」が強い負荷・長い負荷などではみ出して、神経が直接骨と骨に挿まれて激痛が走る症状。『腸ヘルニア』なら、いわゆる脱腸と呼ばれる症状である。
 つまり、上の報道を日本語に翻訳すると。

 フセイン元大統領 何かがはみ出す症状で手術

 コレって、ニュースですか? 基本的に、その何かが判らないと、あまりにも間抜けな報道じゃないですか?

 5W1Hって、知ってます? > 記者諸氏

 日中米の有名な報道機関の記者が揃いも揃って『何ヘルニアか?』という、基本的なことを報道していない。いや、気になって調査した人が1人ぐらいは居たのかも知れないが、すくなくとも、日本語でネット報道はされなかった。

 神北自身、原語原文に当たってないので、ひょっとすると原文でも単に「ヘルニア」とだけ言っている場合も考えられるが、それにしても、杜撰な報道という気がする。

|

« 訃報が続くぞ | トップページ | パニクったぞ »

コメント

CNNの英語版でも、ヘルニアとしか書いていませんでした。

http://edition.cnn.com/2004/WORLD/meast/10/12/iraq.saddam/index.html

もしかすると英語では単にヘルニアといったときに指す具体的な病状があるのかもしれません。

投稿: 池田武 | 2004/10/15 09:58

 もしよかったら、スペースアルクの英辞郎 on the Web に、"hernia"と入れてみて下さい。
 呆れる程、用語例が並びます。自分の人生の中では、ブラックジャックのお話の中以外では出会わないような、珍しい医学用語など知らない英語や日本語が、167個並びます。
 ちなみに、この辞書に因ると、無印の場合は「脱腸」らしいです。

投稿: 神北恵太 | 2004/10/15 16:49

脱腸って訳せば、間抜けでおもしろいのに>日本のメディア

投稿: 池田武 | 2004/10/16 01:26

ワシモ、ソウ、思ウ

投稿: 神北恵太 | 2004/10/16 02:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/1678430

この記事へのトラックバック一覧です: 真実は未だに謎だぞ:

« 訃報が続くぞ | トップページ | パニクったぞ »