« 法則だぞ | トップページ | 別れは突然やって来るぞ »

2004/11/11

連絡連絡また連絡だぞ

 昨日、つまり2004年11月10日、友人のお父さんが亡くなった。で、実家に飛んで行った当人に頼まれ、仕事関係の人へ訃報を流すことを頼まれた。
 が、これが思ったより大変。
 彼も私も、軍事解説や架空戦記をフィールドとしているが、この世界、昔は小さくまとまっていたのだが、今やかなり薄くて広い。というわけで、彼と私の現在の生息エリアが、ほとんど重なっていなかったのだ。そんな状態で、「ここには確実に連絡を入れて」と云われたのが57人。
 あと2人の友人に連絡を手伝ってもらい、判る所を潰して行った後、それでもなお大量に残った誰もつながりが無い会社には、神北が104の番号案内で電話番号を調べまくって、連絡を取った。
 「もしもし、○○出版ですか? 作家さんのお父さんが亡くなったので、訃報を回すよう頼まれたんですが、編集部に繋いでいただけますか?」
「どの編集部でしょうか?」
「あ、ええと、編集部御中で送ってくれとしか頼まれてないんですが」
「弊社には、婦人雑誌から青年誌、少年向けまで、かなりの数の編集部が御座いますが……」

 ・ ・ ・ ・ (ToT) /ドーシロッテンダヨー/

 向こうの対応も、そういうことなら多分ここだろうと目星をつけてくれる所、可能性の数だけ編集部を教えてくれる所。様々だ。おかげで、大量のFAXを同じ会社の各編集部に送る羽目に……。
 なんだかなぁ。今は普通にネットでいろんなことを探せるから、余計にこういうテレホンアポインターみたいな直截相手と話さないと進まない確認仕事って、ミョーに精神力使うんだよね。

 かくして、ほぼ丸一日、そんなこんなで、古い名簿をひっくり返したり、メールの発信人を端からチェックしたり、ずーっと人探しみたいなことをしていた。

 参った参った。

|

« 法則だぞ | トップページ | 別れは突然やって来るぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/1936043

この記事へのトラックバック一覧です: 連絡連絡また連絡だぞ:

« 法則だぞ | トップページ | 別れは突然やって来るぞ »