« バックアップ体制を整えたぞ | トップページ | 精神年齢を占ったぞ »

2004/12/21

マンダム親子だぞ

 『マンダム親子』と云うギャグ漫画をご存知か?
 金持ちで金持ちで金が余って剰ってしょうがないと云う親子を主人公に、毎回、金が欲しい貧乏人相手にこの2人が無理難題を吹きかけたりいろいろするお話し。『ダメおやじ』後半で蘊蓄マンガに開眼する前の古谷三敏が描く、金と人の心の物語……ていうか、赤塚派のギャグマンガのエスカレーションの妙の見本みたいなものなんだが……。
 よくバカ金持ちの例えに使う「手近にあったのでお札で尻を拭いた」類のことをマンガのキャラが毎週やっていたことに関しては、始祖とよんでもいいこのマンダム親子、別にアニメ化されたわけではないが、白木みのる師匠が歌ったイメージソング『銭ドルソング』というレコードまである。この歌は歌で、シミるぞ。
 このマンダム親子。連載当時の1970年代の日本には、当然こんなバカ金持ちが存在する筈もなく、「いい味を出したキャラ」に過ぎなかったのだが、1990年代に至って、それを地でいくような「停電したからお札を燃やして明りにした」ようなバブル長者の逸話が半分「カッコいい話」として伝えられるに至り、日本人も質が落ちたなぁと思ったものだ。
 まあこの頭の足りなさそうな運だけのバブル長者どもは、一瞬の栄達の後、借金地獄へと凋落して行ったので良しとして、マンダム親子の話である。実は、このマンダム親子のキモチを、庶民のあなたもひょっとかしたら味わえるかもしれないと云う朗報である。

傷んだ紙幣トイレットペーパーに 全国初“大分オリジナル”

 やるな、大分県。

|

« バックアップ体制を整えたぞ | トップページ | 精神年齢を占ったぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/2330679

この記事へのトラックバック一覧です: マンダム親子だぞ:

« バックアップ体制を整えたぞ | トップページ | 精神年齢を占ったぞ »