« 訃報が入ったぞ | トップページ | 佐々木さんを悼むぞ »

2005/04/24

猛省を促すぞ

 世の中には、たまに、自信の塊のような物知らずとしか呼びようのない人が居る。怖いモノである。怖いモノ知らずである。

 皆さん既にご存知と思うが、榊原機械さんという農業用機械の専門メーカーが、ロボットを開発された。といっても6輪監視用ロボットのような実用性のあるものではなく、思いっきりケレン味たっぷりのランドウォーカーという遊具である。
 この報道に関して、一言二言云いたい。

 もうみんなご存知の事と思うが、以下に、ランドウォーカーのデータを上げておく。

全高     3m 40cm
総重量    1000kgw
搭乗人員   1名
動力         エンジン(250cc)
移動方法   すり足二足歩行
移動速度   時速1.5km/h
搭載装備   エアー砲 2式 (クッションボール)
       右側 バルカンタイプ(6発)
       左側 ショットガンタイプ(6発)
       コクピットモニタ(切替式)本体の前下、後下

                 

 もうみんなご存知の事と思うが、コイツは、非常に面白い。まず、ぶっちゃけコイツは二足歩行ではない。二足で立っては居るが、バランスを撮っている訳で はないのだ。左右の足の下に動輪があって、火星大王(※参考)のようにすり足で歩くのみである。つまり、二足歩行というよりは、腰高のトラクターに近いのである。
 しかし、この格好に作り上げちゃうところが面白い。ゲーム用にクッションボールを発射するエアー砲など、やる事がイキというか、こういう乗用ロボットに何が求められているかを、肌身で感じているらしい目の付けどころが良い。
 残念なのは、1台3600万円と云う費用で、たぶん、開発費込みなのだろうが、ちょっとネという価格である。また、量産時に対戦になった時に、時速 1.5キロ(大人がちょっと早めに歩くスピードの1/3)だから、そうそうは起こるまいが、ぶつかってコケることを想定した安全設計をしていないような気 がする。2メートル以上の高さで座っている人が乗り物ごと倒れる事を考えた乗員保護策や、1トンのものが人にのしかかった場合、先に倒れているランドウォーカーのコクピット上にもう一台が倒れかかった場合の安全設計までは、いたっていないように見受けられる。

 が、それはよいのである。こういう方向性を示したということで、榊原機械さんの名は轟いたし、各アミューズメント企業も次に求められる物が何か、ちょっと判ったと思う。
 そう云う意味で、この最初のランドウォーカーは、充分に役割を果たしており、実際にアミューズメント機器として類似した物で遊べる頃までには、更なる工夫がなされているであろうから。

 私が伝えたいのはそんなことではないのである。

 私は声を大にしてマスコミに云いたい。
 「アホか!?」と…。
 たとえば、我が家で購読している読売新聞乗って操縦できる2足歩行ロボ、1台3600万で販売という記事。

外観はアニメ「機動戦士ガンダム」に登場するロボットそっくり。

 おいお前、一度、目医者行って来い!

 他社でも、「ガンダム」の名を挙げる報道が多かった。ヲイヲイである。

 神北情報局は、この「ガンタム」がどんな格好をしているのかも知らずに、確認も取らずにこの記事を書いた、モノ知らずの上に恥知らずの記者と、それに対するチェック機構の働かないまま記事にを出してしまった、偏った知識集団である報道機関全てに、「タガが緩んではいまいか」と警告するとともに、猛省を促すものである。
 お前らせめて、Webサイトで良いから、ガンダムがどんな形をしているロボットか、一度ぐらい確認に行けよ…。

 これが、「ダグラム」と書いてあったら、今頃褒めてんだけどね…。

|

« 訃報が入ったぞ | トップページ | 佐々木さんを悼むぞ »

コメント

あれ一般の人が見てまず思い浮かべるのは
ロボコップの警備ロボじゃないかと思うんですが、我々ならウォーカーマシンの一種と思うだろうと

まあ脚がジオニック社系のデザインかなとも
ちょこっと思いますが
それでもガンダムに出てくるメカとそっくりと思う人は、かな~り目が腐ってますね

個人的には、ガウォークの歩行実験用プロトタイプに見えます

投稿: 大外郎 | 2005/04/24 10:36

 昔、親に涙ながらにマジンガーとゲッターの違いを訴えたことを思い出しました。判って貰えなかったけど(T_T)
 ちなみにランドウォーカー、あっしには『亜空大作戦スラングル』のメカに見えまひた。

投稿: 高嶋 | 2005/04/24 10:40

『スター・ウォーズ』に登場するチキンウォーカーにそっくり、と書けばいいのに。

投稿: SOW | 2005/04/24 11:09

大外郎さま
高嶋さま

 そう、そうなんですよ。「アニメのロボットが現実世界に現れたよう」なんだけど、スネのザク足っぽさを除くと、全くと云っても良い程、「ガンダム」的な部分はないんですよ。
 これって、マンモスを見て「毛の長い象」といわずに、「鼻の長い大イノシシ」とかいってるようなものじゃないですか。それは、現実とは激しく違う。
 仮にも、金を取る以上、そこのニュアンスを掴んで報道してもらいたいものです。

投稿: 神北恵太 | 2005/04/24 11:13

SOW様

 おお、そうも言えるか! ポン!
 でも、逆関節ではないのよね。(^_^;)
 オイラ自身は、「腰の上に唐突に頭の乗ったダグラム」以外では、タカラ・トミーあたりのシステム系男児玩具(ミクロマンとか、タイマニックとか……)あたりの、大型玩具にありそうな形に見えました。

投稿: 神北恵太 | 2005/04/24 11:24

冬樹蛉さま

 いやそれ、ちゃんとガンダムですから(^_^;)

 ただ、この記事もちょっとナニで、たった7メートルで『巨大モビルスーツ』って、ザク(全高17.5メートル)やガンダム(全高18メートル)が、「人間の約十倍の大きさ」を考えた寸法だったことを見落しているんですね。神北としては、「アニメ設定の約1/3縮小のミニサイズだが、それでも7メートルの巨体には、かなり圧倒される」みたいな言い方して欲しいんですよね。

投稿: 神北恵太 | 2005/04/24 16:15

そういえばGWに とある造形作家さんの個展が
http://ironwork.jp/monkey_farm/
「根性試しに作ってる。」の作品が見れるとか

錆を作る薬「サビX」に惚れた

投稿: 大外郎 | 2005/04/24 17:31

大外郎さま

 これ、ウチの夫婦の、GWのメインイベントっぽいです。いつ行くかは全く決めてないですが、

投稿: 神北恵太 | 2005/04/24 18:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/3831269

この記事へのトラックバック一覧です: 猛省を促すぞ:

» 純然たるおもちゃなのだから [美しき野の大きな樹]
リンク: asahi.com: ガンダム気分、乗用ロボ 3600万円、群馬の企業 [続きを読む]

受信: 2005/05/09 18:25

« 訃報が入ったぞ | トップページ | 佐々木さんを悼むぞ »