« 書評『我が家のお稲荷さま。』だぞ | トップページ | 脅迫事件だぞ »

2005/05/12

日々、日常だぞ

 ゴールデンウィークが終わると、なんだかアレだよねということで、日々、日常の嵐が襲って来ている。ボーナス期を当て込んでいるのか、やたらと投資話の電話が来るし、リースキンのオバちゃんはモップの先を取り替えに来るし。

 昨日は、2時からの打ち合わせに出かけようとしていたところで突然、歯医者で削り跡に埋めてもらった合金がポロリ。
 出がけの忙しい時にもう……。
 あわてて身支度をして、歩きながら歯医者に電話。その日のうちに予約が取れたので、5時半に予約。歯医者代を下ろすために、便利な位置にATMのある方の駅に出る。我が家は、4駅利用(4駅から均等に遠くもある)なので、こういう時に割と便利。
 お金を下ろして、打ち合わせにGo。2時から講談社の編集部で、ゼータガンダム・ヒストリカの打ち合わせ。なんとか、0号(創刊準備号)は、もう刷るばかりとなり、1号は形がまとまったところ。2号が急がれる。
 いや、急ぐのはオレの分だ。(^_^;)……。

 みんなで打ち合わせ後、個別にいろいろと話して、5時頃講談社を辞す。地下鉄で中野へ。5時半の予約よりちょい遅れ気味に、コロッケ屋のビルの歯医者へ。
 治療自体は30分ほどで終わり。外れて直ぐなので、特に削り直したり型を取り直す必要もなく、歯科用接着剤でぎうっと圧着するだけ。

 退勤時間を過ぎている女房のむらさきに電話して秋葉原で合流する。
 むらさきは最近、持ち歩きながら録ったアニメを見るような端末として、ザウルスに興味津々である。
 「MPEG-4なら、なんの変換もせずに読めますよ」
 と非常に作為的な修辞LAOXの店員は気楽に語っていたが、そのMPEG-4に書き直すのが面倒なんだよ。
 最初からMPEG-4で録画するような、パソコン録画と違い、我が家のやり方だと、一旦大きくて奇麗なファイルにしているから、画質を落とし直さなくてはならないのだ。それをウィンドウズで行うのが、どのぐらい手間を喰うのかは、神北はよく知らない。知っているのは、うちのMacでやると、嫌になるぐらい遅いということだけである。
 あとは、むらさきのやりたい事務業務にどこまで対応出来る事務機器かということを検討してから、購入決定ということになりそうである。

 ザウルス見た後、よく行く中川屋、でカレーうどん。と、この日から土曜日まで、日替わりで、開店1周年記念トッピング無料サービスだった。そういえば、昨年の5月13日の日記秋葉原に新しい食の世界だぞに、プレオープン日に行ったと書いてあるな。もうこの店も一年か……。とはいうものの、カレーうどん自身は非常においしいにも関わらず、エッチゲーム屋(ソフマップのそのテの店舗)の地下という立地条件のせいか、ワンサと客が入る店とは云い難く、最初は専門店っぽかったんだが、徐々に居酒屋メニューが増えて来て、ちょっと大丈夫か? そろそろみのもんたに怒って貰う時期なんじゃないか? ……と、ずいぶん昔に終了した番組を思い出してしまうような状態。
 とにかく、美味いので、なんとか続いて貰いたい店の一つ。

 そういえば、秋葉原の食戦線に大きな変化があった。かの「パスタ茹でマシーン」が無くなっている。詳しくは2005年2月6日の日記アルデンテじゃないぞ。をお読み頂きたいかが、それはもう、この世のものとも思えぬゴムゴムのパスタを自動的に茹で上げる、あのナゾのマシンである。
 だが、お店のメニューからは、パスタは消えていないので、何らかの新しい方法に切り替わったものと思われる。誰か、新しい茹で加減を確かめに行く勇者は居らんか?

 カレーうどんを食った後は、ぶらぶらと夫婦で上野まで歩く。いつもは御徒町で電車に乗ることも多いのだが、気が向くと上野まで歩くのだ。
 上野のアメ横のちょいとワキの道を入ったところに、沖縄物産を扱うわしたショップ上野店がある。巨大なシーサーが目印だ。ここで、豆腐ようジーマミー豆腐を購入。豆腐ようは、沖縄の島豆腐を、米麹と泡盛の漬け汁に3〜6ヶ月漬け込んだ沖縄の珍味。昔中野でよく行った店では、この豆腐よう、最高級と云われるうりずん物産のものを入れていた。今回試しに買ってみたのは、うりずんの物と違い、少々苦みが勝つ荒い味だが、まあ、美味しい。ジーマミーは、地豆のことで、つまり落花生。ピーナッツで造った弾力のある胡麻豆腐のようなもの。みょ〜んという弾力が魅力。
 女房が、折角だからお酒を飲むというので、帰り道でさつま白波の小さなボトルを購入。帰宅してから豆腐ようと焼酎で小宴。なんとなくひと口ふた口ちびちびとお付き合い。30分ほどで、一瞬にしてくーかー眠る。やはりオイラは安上がりである。

 ちなみに、ジーマミー豆腐は朝飯に頂いた。箸で細かく切り取ったものを甘ダレをつけてツルリン。ああ、ハマるね。でも、こんなもの毎朝食っていたら、カロリーあるよなぁ、たぶん。

|

« 書評『我が家のお稲荷さま。』だぞ | トップページ | 脅迫事件だぞ »

コメント

なに!
アルデンテマシンがなくなった?
でもパスタ屋がある?
試してみよう。

投稿: 八潮 | 2005/05/12 13:49

MPEG4への変換ですが「携帯動画変換君」なんてどすか? 私はこれで、東芝HDD-DVDレコーダー→DVD-RAM→PC→変換君→CLIE と変換してます。

投稿: 玲 一文 | 2005/05/12 15:28

八潮さん

 レポート宜しくね。
 で、もしよかったら、カレーうどん屋も行ってやってね。


玲 一文さん

 ウチは、取り敢えず、ネットワークを介してPC側でMPEG形式にしてPCのHDDに保存しています。(MPEG-1か2のどちらかなんですが、ちょっちよく知らない)
 この形式に対応しているのであれば、使ってみたいですね。
 実質、携帯マシンで見れる画質の30分のアニメって、MPEG-4にした時、ファイルのサイズはどのぐらいになってます?

投稿: 神北恵太 | 2005/05/12 16:37

 変換君は、出力先と出力ファイルのビットレートその他を決めたら、あとは動画ファイルをドラッグ&ドロップするだけです。入力として受け付ける動画も、かなり幅広くやってると思いました。
 最初に設定さえしちゃえば、あとは簡単なのでとりあえず使ってみるのが一番かと。30分番組なら、風呂入ったりメシ食ったりしてる間に変換できるかと思います。
http://www.nurs.or.jp/~calcium/index.html

 私の場合、15フレーム、QVGAなファイルで30分ものがだいたい100メガ程度です。なのでクリエには1ギガのメモリースティックを用意して、音楽やら動画やら辞典やら放り込んでいます。

投稿: 玲 一文 | 2005/05/12 17:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/4092807

この記事へのトラックバック一覧です: 日々、日常だぞ:

« 書評『我が家のお稲荷さま。』だぞ | トップページ | 脅迫事件だぞ »