« 小説を教える教室だぞ | トップページ | 高校球児たちは熱いぞ »

2005/07/31

2005年度シール企画の反省会だぞ

 シール企画の反省会をした。
 個人的には、今回一番混乱した実行委員会側との連絡のやり取りなどを双方交えて検証してみた方のだが、歴代担当者にしてシール企画のメンバーでもある池田くんと牛丼仮面くんの二人は、不参加。残念。結局、藤澤くん・竹内くん・塩坂くん・古市くんと神北の5人が集まった。告知期間が1週間弱と短かった所為もあるが、とりあえず、忘れる前にお互いで検証し合っておかないとスッ跳んでしまうから、この時期になったのもやむを得ない。

 本来、13時集合という話だったのだが、「それなら、ちょっと早く集まってメシでも」となるのが、こののチームSeals良いところ。じゃ、12時だということで、池袋駅に12時頃集合。「先日の土用の丑の日に鰻を食べていないので、こりゃ鰻だ!」という藤沢代表の一言で、メニュー決定。池袋西口を適当に彷徨い、「うなぎ」という幟の字が「うふぎ」に見えるとか俺は小さい頃、「うふぎ」ってなんだろうって思ってましたとか「うふぎ」という生き物が居てだな……、とか言いながら、適当そうな鰻屋に入る。1000円少々のうな重。値段相応よりちょっと勝ち気味。
 鰻屋を出たところの見通し位置にタピオカティー屋があるので行ってみる。よく行く秋葉原のフリーウェーのパチモン臭いが、より種類が豊富。タピオカも、セブンイレブンのタビオカ入りミルクティーよりずっとちゃんとしていて美味い。

 …てな彷徨をした後で、『フラミンゴ』へ。古き良き昭和40〜50年代の巨大喫茶店の生き残りである。落ち着いて話すにはモッテコイなのだが、古いビルの地下二階でケータイが使えないのだけが難点。まあ、それを利点として、さぼりに入る会社員とかも多いんだろうけどさ。

 反省事項の筆頭は、立ち上げ時期に受付業務が混乱したこと。
 これは、昨年、パソコンを横に置いた受付要員がそれぞれ受付およびメディア確認を一人で担当していたのに対し、今年は、紙ベースで受付業務を行う人間と機械ベースでメディア確認を行う人間を別ける形になったこと、ついつい機械を繋ぐ技術的なことに目が行き、サーバを使うためのファイルやフォルダの命名規則の相談を口頭の意見交換だけで終わらせて、明文化してなかったことなどが重なったせいだ。
 しかし、いい訳でしかないのだが、昨年の反省を考えると、まずはハードウェア的なインフラ整備が必須であって、技術指向の人間が多いこのチームでは、まずそちらに走ったのもむべなるかなという気がする。LAN等の技術基盤の整備である。
 次は、このインフラの上に載せるノウハウを積み重ねるべきところなのだろう。もちろん、ローハイミックスで紙の上で済ませた方が早いことと、機械の上でやらないと意味ないことを切り分ける必要もある。
 一番問題となったのは、前に受注したシールの刷り増し対応。受付番号を覚えている人が皆無で、「このシール誰が作った?」とかいいながら、作成者全員に確認する必要があったのだ。作業軽微化のために申込み用紙引き換え用紙の他に刷り増し時用カードの必要がクローズアップされて来た。渡しておけば、後々楽ということ。
 また、シール大賞等、企画を面白くする要素等もいろいろ俎上に上がる。
 みんなが、一番やるべしと意見が揃ったのが「煩悩王をブース全員で拍手して祝おう」というもの。オザナリーに渡すより、達成感があるんじゃないかという話。こういう運用改善の余地はまだまだ大きい。

 こんな反省会を2〜3時間した後、ビッグカメラで時間をつぶし、所用で帰る藤澤くんと別れ、土曜出勤を終えて合流したミツルんを加えたメンバーで、池袋でメシ。
 去年の反省会でも喰いに行った台湾系中華食い放題の中国茶館。…なんだが、場所が筋向かいのビルに変わっている。去年よく行った店の場所は今、昨今ブームのジンギスカン屋に替わっていた。中国大陸を蒙古帝国が席巻したようなものか…。
 前の店と比べると随分広いフロア。ただ、広すぎて、奥の方の席だったため、注文に人を呼ぶのが一苦労。前の店は、マンツーマンとかいう言葉ぴったりなぐらいオバちゃんが世話を焼いてくれたのだが、ちょっち放置ブレー気味。しかし、美味いから良いのだ。一皿2コ3コの春巻きとか餃子とかでも、「人数分」というと、5つ盛って来てくれる、柔軟性も嬉しい。
 さて、来年に向かってヤルぞ。

|

« 小説を教える教室だぞ | トップページ | 高校球児たちは熱いぞ »

コメント

どうもお疲れ様でした。私もいけなくて残念でしたが、打ち上げの方は参加したいと思いますので、それまでに思いついたことなどML上であげていこうかと思います。

投稿: もりた | 2005/07/31 12:09

もりた 様

 宜しくお願いします。とにかく、まだ若い企画ですので、改良点が多くあります。ぜひ知恵と力をお貸し下さい。

投稿: 神北恵太 | 2005/07/31 12:41

できれば参加したかったのですが、月曜予定の東京出張が火曜日帰りになってしまったので、いけませんでした。

投稿: 池田武 | 2005/07/31 12:53

まちがい訂正。
火曜日帰りに→火曜日に

投稿: 池田武 | 2005/07/31 12:54

池田 様

 うーむむ。今年既にかなり頻繁に東京方面へお越しいただいていましたので、池田くんにこれ以上ご無理言えないことは、よおく判っております。
 月末か来月頭ぐらいのタイミングで、出来るだけ多くの関係者をお呼びして打ち上げ宴会を開きますので、そちらにはぜひご参加下さい。

投稿: 神北恵太 | 2005/07/31 14:05

すみません。
昨日は花火大会の予定が入ってて昼間から場所取りへ行ってました。
いやはや、死ぬほど暑い思いをしました。(笑)
何とか来年こそはちゃんとにシール企画のお手伝いを出来ればと思います。 (^_^;

投稿: 牛丼仮面 | 2005/07/31 15:05

>反省事項の筆頭は、立ち上げ時期に受付業務が混乱したこと。

すみません、これは私たちが竹内さんなりに
もっと突っ込んで
「こんな場合はどーすべきでしょう?」と
どんどん質問するべきだったのです・・反省。

次回の事を考えると、紙ベースの取説があれば
誰が応援に入ってもOKでしょう。
あと「シール申込み書記入例」、これ欲しいです。
できればラミネート加工で何枚か。
どこかに貼っておくよりも、記入の目線で下へ
置いておくのが良いと思います。

投稿: ちょま | 2005/07/31 16:02

牛丼仮面 さま

 うひゃー。昨日の昼間に戸外で場所取りですか! こりゃ、お疲れさまでした。次は打ち上げ宴会。こちらは済みませんが、いろいろとお手間を取らせることになります。宜しくお願い致します。

ちょま さま

 そうなんですよ、紙ベースのマニュアルを仕上げること、これを何が何でもやること、それが、今年出た一番大事なことだと思ってます。シール企画は、一つ一つは簡単なことの積み重ねで出来ていますので、なんとでも回るのですが、それぞれを組み合わせて一つのシステムとして動くには、今年はまだ個人に頼り過ぎていて、マニュアルが未整備だったと反省しています。「シール申込み書記入例」をラミネートして机の上に置いておくことも含め、こういうアイデアをマニュアル化のために、またお力とお知恵をお貸し戴きたいと思います。
 来年、ちょまさんはメインスタッフで大変でしょうが、今後とも宜しくお願い致します。

投稿: 神北恵太 | 2005/07/31 17:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/5239389

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年度シール企画の反省会だぞ:

« 小説を教える教室だぞ | トップページ | 高校球児たちは熱いぞ »