« 2005年度シール企画の反省会だぞ | トップページ | 夜更けにドッキリだぞ »

2005/08/02

高校球児たちは熱いぞ

 今年の夏の高校野球、わが故郷三重県地区予選は、とんでもないことになった。県南の弱小校と長く嘲られて来た全力高校野球部が、破竹の快進撃、甲子園常連校の日の出商業と決勝戦でぶつかったのだ——っっ!

 ……ってもちろんこれは、映画『逆境ナイン』のお話し、主演:玉山鉄二、助演:堀北真希藤岡弘、田中直樹栩原楽人ほか。監督:羽住英一郎・脚本:福田雄一・言わずと知れた原作:島本和彦である。
 「三重県大ロケーションとは聞いていたが、まさか、三重県下のお話しになっているとは思いませんでした。三重県大会の決勝戦で112対0なんですよ」と教えてくれたのは、T-con2003実行委員会三重県人会副会長の古市くん。
 こりゃ、見に行かねば!! 行かねば、三重県人会から追い出される……と心に誓ったものの、なかなかチャンスがなく、日が過ぎ、近所のシネコンでは既に上映終了してしまった。

これが、逆境だぁっ!!

 しかし、「それはそれ! これはこれ—!」

 本日、映画の日。都内某所(アウェイ)スカしたシネコンにて瀟洒な映画館にて、男達の熱き魂の輝きを、鑑賞したのだ。入場料1000円。らっきー、バンザイ映画の日!
 堀北真希の美少女っぷりを含め、キャラがなんだかとってもハマっているのがまた凄い。タマテツの不屈闘志はもちろんのこと、ココリコ田中の榊原剛監督、原作を追い抜いた感すらある藤岡弘、の校長、栩原楽人の山下の泣きそうな顔。どれもがこの映画のために生まれて来たようなキャスティング。
 そして、二十数年前に高校時代の神北も応援に出掛けて行った四日市市霞ヶ浦第一球場の遠景に写るコンビナートのカッコよさを始めとする、映像の美しさがまた良い。試合帰りのナインと遊園地で遊んでいた不屈と月田マネージャーがすれ違う橋の上のシーンなんて、泣けるほど綺麗だ。

 しかし、パンフレットのタマテツこと玉山鉄二の紹介ページの略歴に「百獣戦隊ガオレンジャー」の文字が無い。「うぬれタマテツ、売れちゃったら、出世作でも黒歴史かァ?」と公式ページを見ると、こっちにはちゃんと書いてある。つまりこれ、ライターさんが「『ガオレンジャー』なんて、どーでもいい」と思ったってことなのかな。藤岡弘、さんや栩原楽人くんの略歴には、『仮面ライダー』とか『響鬼』とかの字が躍っているのに、なんだろねー。

 ちなみに、藤岡弘、さんは今、「藤岡弘、」までが名前らしい。映画のエンドロールでも、パンフレットでもそうなっていたので、もしやと思ってウェブサイトを訪ねてみたら、やはりそうなっていた。
 いつから?

|

« 2005年度シール企画の反省会だぞ | トップページ | 夜更けにドッキリだぞ »

コメント

>「藤岡弘、」までが名前
たしか10年ちょっと前じゃないかなあ?<改名
少なくともモー娘よりは古いはず。
数年前にご自宅にインタビューにうかがったときには「誰も気づいてくれないんだよね(笑)」とおっしゃってました。字画の関係で1画増やしたかったけど、名前を変えるのはイヤなので点を付けてみたそうです。

投稿: 大外郎 | 2005/08/02 02:22

大外郎 さま

 なるほど、藤岡さんの改名理由は、やはり字画ですか。いかにもありそうですな。特に、芸能人は、名前を呼ばれていくら、話題にされてナンボの世界ですから、字画や読みには特に気を配っておられるんでしょうねぇ。

 しかし、この映画のスクリーンに映る故郷は、どこも皆美しかったですよ。泣けるですよ。

投稿: 神北恵太 | 2005/08/02 08:07

>>「藤岡弘、」までが名前
「永遠に終わらない」→「完璧に近づいていく姿勢」ということで「。」ではなく「、」なのだそうです。
何かの番組で本人が話していました。

投稿: 八潮 | 2005/08/02 08:15

 野球小僧がサッカーかぶれどもにいじられる商店街のレコード店に「ほんごうたけし」という演歌歌手の立て看がありました。ちょっと笑いました。

投稿: nurumayu | 2005/08/02 09:27

八潮 さま

 なるほど、だから「、」ですか。

nurumayu さま

 おっとぉ、それは見落としていたなぁ。(^_^;)
 クダラナイところに金と知恵と手間をかけるからこそ、こういう映画が面白くなるという好例ですね。オトナの事情で宣伝費に金をつぎ込んでみたり、打ち合わせと称するプロデューサーの私的用件への出費で、撮影に入る前に何割もの予算を浪費してみたりするより、その「ほんごうたけし」の立て看板一本がどれだけ大きいことか。

投稿: 神北恵太 | 2005/08/02 10:11

なんと、三重県が舞台だったとは。
不覚にも見逃してしまったが、心に棚を作って
DVDの発売を待とう。
しかし、なぜ三重県?

投稿: いしたた | 2005/08/02 21:43

いしたた 様

 見逃したのかぁ、それは残念。映画のサイト情報によると、四日市では109シネマズ(どこだそれ?)で、まだ見れるということにはなっているのだが、朝イチのみ上映だったり、レイトショーだけ別作品の上映だったりすると、社会人にはキツいわねぇ。
 しかし、DVD発売まで堀北真希ちゃんを見ないとは、なんと勿体ない。彼女を見れば、「恋に恋して恋気分」という言葉の重さが、100倍よく分かるのになぁ。

投稿: 神北恵太 | 2005/08/02 23:17

「恋に恋して恋気分」・・・受け止められないくらい重かったです(;_;)

投稿: うじ | 2005/08/03 13:02

うじ 様

 劇場用プログラムブックにプロデューサーが書いている雑文を読む分に、堀北真希ちゃんも、タマテツ・ココリコ田中・藤岡弘、の三氏と同じく、映画化が正式に決まる前からOK出していたクチらしいです。
 ハっとするような美少女というのを、久しぶりに見たかも知れません。
 まさに、「恋に恋して恋気分」です。

投稿: 神北恵太 | 2005/08/03 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/5273339

この記事へのトラックバック一覧です: 高校球児たちは熱いぞ:

» 逆境ナイン… [TLMの裏口]
祝!久米田先生の新刊”さよなら絶望先生”第1巻発売決定(・∀・)9月16日は書店 [続きを読む]

受信: 2005/08/08 23:03

» あんまり暑いので [頑屈王国ネオ(うぅ~んヤッパリ駄目ダメ)]
  松戸で新作アトラクシヨンに乗り、修正!を腹に納めただけで帰阪。  車中の友は [続きを読む]

受信: 2005/08/08 23:27

« 2005年度シール企画の反省会だぞ | トップページ | 夜更けにドッキリだぞ »