« 『仮面ライダー響鬼』と『…7人の戦鬼』だぞ | トップページ | スパム退散障壁だぞ »

2005/09/12

選挙が終わったぞ

 選挙が終わった。
 よく行くプログや友人の日記には、「日本人がこんなに馬鹿ぞろいとは思わなかった」という意見が目立つ。
 自民党圧勝の事を言っているのだ。

 自民党に過半数、公明党を含めた与党に2/3の議席が渡ったという事実は、たしかに、国民自身が自分の首を絞める行為という感は拭えない。
 二大政党となりうる対自民勢力を作ろうとして、いつまでも主義主張のほつれを繕えない「頼りない野党」民主党に対するノーが、すべて自民党に入ってしまったという事なのだろうが、入ってしまった票は、自由民主党の物だ。

 小泉首相は、この選挙の争点を『郵政民営化』一点に絞った。マスコミも郵政選挙という言い方をした。しかし、今回の選挙で政治家になった人達が決めてゆく問題は、本当にそれだけか?

 たとえば、機会均等を謳う返す刀で、まだ実現されてもいない社会に於ける機会均等を理由に、身体障害者へ現在無料で提供されている各種社会サービスを有料化する悪法障害者自立支援法の制定はどうなる?
 罰則規定の甘いまま、官憲に個人情報を得る権利を与えた個人情報保護法はどうなる?
 たとえばイラクからの撤退・現状維持・増派は、どうなる?
 憲法改正の動きはどうなる?

 確かに、争点であった郵政民営化法案は通ってゆくだろう。しかし、他にも、与党が提出した物の、野党の反対で燻り続けて来た、粗末な内容で知られた、あまり素性の宜しくない各種法案は、どうなるのか?
 こうした、もっと審議すべき、もっとちゃんと国民のための法律にすべき物が、中途半端なままどんどん法律化されて、突然困らされるのは国民ではないのか?

 小泉さんは、明快な口調で主義主張を口にする。だが、特に語らずに済ませたい事には、いっさい口を開いていない。そこいらへんの徹底ぶりはマスコミで何度も報じられている通りだ。
 国民は果たして、一点固執・突破を狙う真摯な態度に信託を寄せたのか、それとも、単なる選挙パフォーマンスにノセられただけなのか。ここから4年の衆議院の動きをちゃんと観てゆくのが、自民党に多くの票を与えた我々国民の権利であり、義務である。

|

« 『仮面ライダー響鬼』と『…7人の戦鬼』だぞ | トップページ | スパム退散障壁だぞ »

コメント

 確かに他にも重要な法案は色々あると思います。中でもよく上げられるのは、「年金」、「景気対策」、「拉致問題他外交」、「小子化問題」、「憲法」。しかし、皆が各自それぞれの問題を主張していたら、テーマも決められなくなってしまうのではないでしょうか?

 今回は自民党は「郵政問題」と言うテーマに絞り、それを世論に問い、「是非進めて欲しい」と言う有権者の回答がありました。各有権者は「郵政問題」だけでなく、あれもこれもと他に色々要望があるのは当然です。今の自民党なら更に改革を続けてくれるだろうと言う期待を持ったのだと思います。

 先ず「郵政問題」をどうするのか?自民党はベテラン議員と袂を分かっても成立させる決意を見せました。今回の選挙結果でこの問題には決着がついたと思いますので、有権者の目は次にどう言う展開を見せるのか注目していると思います。

 民主党は対案すら出せませんでした。何で民営化に賛成しなかったのでしょうか?法案の出来が悪いと言っても50歩100歩でしょうし、早く処理して次の問題に移る度量が無かったのか腹立たしくさえ思います。又、議員年金廃止とか、とりあえず直ぐ出来る法案を出して、実行力を示せば見方が変わったと思います。余りに無策、無能力で有権者に諦められたと思います。

 今回は単に「風が吹いた」と言う自民党の勝利ではなく、有権者の「利権を手放しても、改革を進めよう」と言う強い意思が現れた結果と考えています。利権と言っても、政治家ではなく最終的には各有権者(公務員だったり、建設業に勤務していたり)が保持しているのですから。

 と言っても、自民党の大勝利も、公明の基礎表と、小泉人気で上乗せされた物と思いますし、民主党の今後の奮闘に期待したいと思います。今は自民党のスピード感覚に大差をつけられました。

投稿: takakot | 2005/09/12 14:53

 もちろん、自民マンセーなみなさんも多かったと思うんですが、自民以外選択肢がなかった選挙だったことも事実じゃないかと思うですよ。

 自民は既得権益の権化みたいなもんだし、たぶんこれからもそんなに変わらんのだろうなあとも思うわけですが、でも、他は口ばっかりでもっと悲惨になることを、はからずも自分たちの行動で示しちゃったわけで。
 わたしは逆に、自民が勝ったことだけで拒否反応を示している人たちの方がどうかと思うんですが。自民を勝たせたこと=変化を拒否、と思い込んでいる人が多いように感じるんですが、今回の結果を呼んだ要因は、皮肉ですがその間逆だったわけで。パフォーマンスだろうがなんだろうが、改革の可能性を見せた政党に票が集まった、ただそれだけのことではないかと。

 むしろ注目すべきは投票率って話もあり。
 関心はあったわけですからね。権利の放棄は少なかった。非独裁政権下で、これは評価されていいことでしょう。

 だから、今後、民主でもどこでもいいけど、自民に対抗できる可能性を見せられた政党が、自民政権をひっくり返せるでしょうし、長期的にはきっと起きることなんではないかなーと見ています。
 地元密着、地域への利益誘導が仕事だと思い込んでいる議員、有権者が大半の現状では、まあまだ時間はかかりそうではありますが。

 自民の提出している各種法案に、危機感を感じているのはわたしもそうなんですが。自立支援法案は最悪ですしね。ただ、じゃあ、他の党に任せてなにかうまくいくのか、ってーと……結局後ろにいるのは官僚連中なわけで、出てくるものはおなじって話も。
 どうにかならんもんですかねえ。

投稿: くさかべ | 2005/09/12 15:19

takakot さま

 選挙とは、テーマを絞って決めてかかる物でしょうか?
 自民党は、単に自分がテーマとする郵政民営化を急ぐという案を押した。その他の団体はそういう絞り込みが出来なかった。というだけの事と思います。
 民社党は、単純化されて自民に対抗する「民営化反対」の立場にされてますが、詳しく見ると全面反対ではなく、「ついこないだ、4年間状況を見るということで、公社化をしたばかりだから、まずは4年の年限を観てから次に進めようよ」という、きわめて穏当なことを言っている団体です。「4年って決めたけど、う〜ん、もう待てない。小泉の任期中に予定を早めてやっちゃえやっちゃえ!!」という自民党の方が、本来、論点・立脚点が脆弱だった筈なんですよ。
 今回、国民の多くが自民党を推したのは、自民への期待というよりは、こういう、自分の利点を生かし切れない鈍重で結束力の無い野党への「No」だったのだと思います。

くさかべ さま

 公務員試験を中途採用枠を作って60歳ぐらいまで受け付けるようにし、人材枯渇の憂いを無くしてから、アホな無駄遣いをした役人をばさばさ切り、一般企業との人材入れ替えをどんどん促進するまでは、官僚の自己防衛本能による盲動は消せないでしょうねぇ。

投稿: 神北恵太 | 2005/09/12 15:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/5905378

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙が終わったぞ:

« 『仮面ライダー響鬼』と『…7人の戦鬼』だぞ | トップページ | スパム退散障壁だぞ »