« ドコモダケに似ているぞ | トップページ | もうちょっとだぞ »

2005/12/16

群体生物だぞ

 産經新聞に2005年12月15日に掲載された記事、『3メートルの“連結”クラゲ 国際海洋調査で発見』によると北極海深海約1500メートル付近で、奇妙な生物が発見された。
 この生命体は、クラゲの群体と考えられている。補食を専門とするクラゲ、推進を専門とするクラゲなど、それぞれが「役割」を持ったクラゲ同士が、一続きにつながり、最大3メートルほどの長さに達するのだとか。このクラゲ、遺伝子的に全く同じ種が、「連結」する時に必要に応じて部位ごとに変形するのか、すでに遺伝子レベルで違った形質を持ったものが組み合わさって群体を構成するのか、ちょっと知りたいなぁ。

 この新種発見は、10年かけて海洋生物の台帳を作ろうという「海洋生物センサス」というプロジェクトの成果の一つ。2000年から2010年までの長期探査計画で、既に、世界各地で78種の魚を発見、これにより、人類が確認した魚は1万5717種に達したという。
 2005年7月にも、カナダ沖で新種発見の報があったが、これも海洋生物センサスの一環で発見されたもの。日米欧など53カ国から、300人以上の科学者が参加する巨大プロジェクトで、一気に調べられる限りの生態系を調べておこうというこのプロジェクトは、「意外に寒冷深海の生態系は豊富」「地球温暖化の影響でこれを壊してはならない」と、環境問題への警鐘も発している。

 あまり、深海生物とかには興味が無いと云う方も居られようが、美しいので、是非、記事をご覧戴きたい。

|

« ドコモダケに似ているぞ | トップページ | もうちょっとだぞ »

コメント

これで先端部の1体が巨大化したらディスカバリーになりますね。

投稿: やしお | 2005/12/16 11:46

やしお さま

 問題は、これ、ディスカバリー号とは逆に、推進役が前にいるという機関車方式みたいなんですよねぇ。

投稿: 神北恵太 | 2005/12/16 12:05

mixiでも話題にする人がいて、
そちらでも書いていたんですが
カツオノエボシ(いわゆる電気クラゲ)なんかも
実は群体らしいですね。

東海大学の作っているメカニマルに
ミツメムレツクリってのがいます。
こいつは、仲間を見つけて並んで行進するという
ロボットで、まったく同じスペックで作られているのですが
どういうわけかいつも先頭になりたがる固体や
後ろからついていく固体ができてしまったそうです。
きっとクラゲも、推進ユニット向けの系統とか
いるに違いない(w

投稿: 大外郎 | 2005/12/16 13:04

そういう連結型の群体をつくるクラゲは既知の種類としてクダクラゲ類というのがあります。
その仲間のヨウラククラゲというのは私も海岸で打ち上げられているのを見たことがあります。
クダクラゲとかヨウラククラゲでぐぐってみるといろいろわかると思いますよ。

投稿: PAW | 2005/12/16 13:22

群れたい生物なのね。

投稿: 森野人 | 2005/12/16 14:58

くーーーっ!!
こういうの、大スキッ!!

で、くだんの連結クラゲの画像を見て、某「大蛇」を思い出した私は……自分が情けない。(T_T)

投稿: かざま | 2005/12/16 15:15

大外郎 さま

 『カツオノエボシ』。我々の世代は、別の名前で呼びますよね。『トリトン、キタ』。まさか、浮き袋で1個体、触手一本ずつが1個体の群体とは知らなかったですが…。

PAW さま

 クダクラゲは、シロナガスクジラを抜いて、地球最大の生物にランキングしているとか。呆れます。

森野人 さん

 群体生物って、謎です。特に、蟻とかと違い、社会性ではなく、もっと根源的なレベルで成り立って組み合わさっているこういう生物って、たとえば「推進役ばかり死んでしまったら後はどうなるの?」とか「逆に毒を持つ餌を捕まえちまって補食役が全滅したら?」とか、「いずれ頭脳労働担当が発生して、知的生物に進化するけど、これでギャラおんなじ」とか、いろいろ考えちゃいます。

かざま さま

 確かに、ルウムに消えちゃいそうですねぇ。でも、下に資料を載っけましたが、最大40メートルのクダクラゲというのは、ほんと、大蛇ですよ。


皆さんから聞いたクラゲの綺麗に写真はそれぞれ、ここ。

危険な生き物解説 カツオノエボシ
http://www.env.go.jp/nature/nco/kinki/kushimoto/kaisetu.htm

ヘビ 深海 漂う 地球最大 生き物クダクラゲ ヘビ 深海 漂う 地球最大 ...【PDF】
http://www.google.co.jp/url?sa=t&ct=res&cd=1&url=http%3A//www.jamstec.go.jp/pdf/blue_pdf/be65pdf/BE65-P22-23.pdf&ei=ZGGiQ9j2FqKQpwLFvODMAQ&sig2=yUEVvpDwRXR5hvOuQP0-VA

ヨウラククラゲ
http://www3.ocn.ne.jp/~kmitoh/seibutu/kurage/youraku/youraku.html

ミツメムレツクリ(東海大学海洋科学博物館 展示メカニマル)
http://www.umi.muse-tokai.jp/encyclopedia/mechanml/mtmmrtkr.html

投稿: 神北恵太 | 2005/12/16 16:14

クダクラゲは全部の個体が一つの受精卵から作られます。個虫は分裂して増えていきます。

投稿: ななす | 2007/04/12 20:39

ななす さま

 兄弟姉妹とそのクローンで形作られた群体という訳ですね。
 仲の良い家族だなぁ。

 群体内の共食いとかは無いんですかねぇ。プランクトン食だと、ほぼ食いっぱぐれないのかな?

 (すみません、ココログ・システムの不手際と思いますが、発言が2重投稿になってましたので、1つ消させて頂きました)

投稿: 神北恵太 | 2007/04/13 08:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/7647036

この記事へのトラックバック一覧です: 群体生物だぞ:

« ドコモダケに似ているぞ | トップページ | もうちょっとだぞ »