« 終末だぞ | トップページ | 観てしもうたぞ »

2006/04/02

花見をしたぞ

小金井公園 今年の日本SF大会ずんこん。この実行委員会の企画部長にして、シール企画の同志の竹内くんが、「花見という名目の企画会議をしましょう」と声を掛け、2006年4月1日は小金井公園で花見。
 仲のよい友人宅が在って、1990年前後に小金井という場所にはちょくちょく出かけたのだが、ちょっと駅から離れているため、ここまで巨大な都立公園が在るということは、あまりよく知らなかった。ただ、江戸東京たてもの園という、施設がある事は知っている。『千と千尋の神隠し』の背景ロケハンに、ジブリのスタッフが通ったとかいうことで有名な施設は、この公園内に作られているのである。時間が無かったので建物園内には入ってみなかったが、ここは一度見てみたい施設だ。

 今回初めてこの公園に行ってみて、奥が見通せないほどに、延々と縦横に桜の木が続いている園内に、ちょっと感心。都の施策として一千万都民のための公園整備が行われた結果だと言うことはわかるが、それにしてもこりゃスゴいや。

枝振り 小金井公園は、JR小金井駅から北に約2km、玉川上水と小金井カントリー倶楽部の間に位置する。77万平米の敷地内には、テニスコートや野球場など各種スポーツ施設もあるという、かなり規模の大きな公園である。
 集合は、JR武蔵小金井駅前。約束の11時に10分ほど遅れて到着したら、もうみんなで駅前の西友で買い出しをしている最中だと言う。ここで飲み物とツマミと簡易な紙皿やプラのコップを買って、小金井公園へ繰り出そうという人が多いのだろう。花見用品専用コーナーなんてものまである。便利なんだか見透かされているんだか……。(^_^;)
 買い出しを終えて歩き始める。小金井街道沿いに約1.6キロ、約20分少々の行程。年度末の予算消化工事が長引いたのだろうか、なんだか道路を掘っくり返していて、通り難い。東京都だか小金井市だか知らんが、この時期花見客で込み合うことはわかっているんだから、もうちょっと考えて工事の時期を決めて欲しいものだ。

 我々が行ったのは、そういうスポーツ施設とは反対側の、西の方。SLが展示してあったりするあたりだ。
 入口から100メートル程度の所に空きエリアを発見した我々は、早速、シートを敷き荷物を拡げる。行楽用のペラペラの青シートなのたが、四隅に鳩目が付いていて、これを利用して、そこいら辺に落ちている枯れ枝をペグ代わりにくくいと地面に挿してシートを固定。靴を脱いでヒョイと上がる。もう満開に近くて、チラチラと散り始める花びらもあるものの、花見のピークには1週間早いのか、上野や浅草でよくあるように、敷物がどこまでも隣接し、敷物伝いに公園の端まで歩いて行けそうな超過密状態ではなく、わりと空いている。

メンバー この日の参加メンバーは、七里八潮さん、竹内くん、河野くん、塩坂くん、おかてんくん、栗原くん、そして神北の7人だが、西武線花小金井から歩いて来た栗原くんは一歩遅れて合流。塩坂くんは、2時間ほど遅れで合流となった。だが、塩坂くんを待たずに、八潮さんと河野くんの2人が戦線離脱。

 とはいえ、離脱前にみっちりとSFセンター試験の打ち合わせをしている。流石は「花見という名目の企画会議」、やる事はちゃんとやる。
 その打ち合わせが纏まった所で、神北も栗原くんと、企画紹介ビデオでシール企画を紹介する話で、ナレーション案を検討。といっても、ほとんど書いて行った紙を渡しただけだけど。
 栗原くんの企画はなかなか壮大で、幾つかのキーになる企画を取り上げた短い、企画紹介の総合ビデオを作り、時間ごとの企画案内の間に挟み込む形で、ビデオインフォメーションを作ろうというもの。大会会場の施設の関係でホテル全室で見られる訳ではないが、独立したインフォメーションとして、人通りの多そうな場所にブース(TVスクリーン)設置する予定と聞いている。

あ、あんなところに… と、そこに、全く別のグループに混じって、杉山くん登場。なんでも、谷山浩子ファンのMLなど幾つかのいろいろなグループの合同花見らしい。竹内くんはこの日にここでそのイベントがあることは知っていたようだが、なんせ、かなりの人手。この中で出会うというのは、なかなか無いこと。彼等も、少し向こうに陣を張った。
 ちなみに、左の写真家はトイレに行ったらしい杉山くんがしばらく迷った跡、やっと自分のグループに辿り着けて、ホっとした瞬間を狙った望遠撮影。(^_^;)

 いや、じつはそのしばらく前に、トイレに立った神北も、全く同じように道に迷ったのである。とにかく、ここは広いのだ。花見のシーズンこそ混むものの普段はかなり閑散としているのだろう。数が少ないトイレには男女とも長い長い列が出来ていて、約15分〜30分待ち。待ちに待った挙句、ようやく用を済ませて自分たちのところに戻ろうとするが、周り中同じような花見客で埋め尽くされているので、よほど上手くランドマークを掴まないと、意外と見つけ難いのだ。

 3時を回ると、急に気温が下がって来た。花見のシーズンというのは、まだまだ寒いのである。こりゃ4時になるとさらに寒くなるなと、ちっと早めに脱出することに。若干残ったお菓子やペットボトルを杉山くん達のグループに譲って、まだこれから夜桜見物の準備という人たちも多い中、早々と引き上げる。とはいえ3時間少々の宴は短い訳じゃない。

 西部新宿線方面に換える栗原くんと別れ、逆方向の武蔵小金井駅方向に戻る。駅の側まで歩くき、神北・竹内・塩坂・おかてんの4人でデニーズに入る。1時間少々話し込んで、みんなで秋葉原にパソコンのケースを見に行くという塩坂くんに付いていこうと、移動開始。
 と、ここで再び杉山くん達と遭遇。なんと、彼等もデニーズ目指して移動して来たらしい。よくよく縁のある日である。

交通博物館 秋葉原に付いた頃には、すっかり日が落ちている。

 右の写真は、昌平橋北詰から交通博物館を狙ったもの。この旧万世橋駅の煉瓦作りの名残をライトアップした姿は、今、秋葉原で最も綺麗な夜景ポイントの一つ。

 ちなみにこの後、結局いつものように「見に行くだけ、まだ買わないつもり」の筈の塩坂くんが、ケースを抱えて駅のホームへと上がって行ったのは、言うまでもない。

|

« 終末だぞ | トップページ | 観てしもうたぞ »

コメント

そういう広大な公園であるとGPSが欲しくなるね。
携帯同士で連絡してお互いの方向をディスプレイに矢印で表示してくれるとかないかなあ。
・・・外に出ないし、ひとに会いもしない私には無用であることに今気付いた。

投稿: 森野人 | 2006/04/03 10:12

森野人 さま

 おお、GPSがあればいいよねぇ。(^_^;)
 ちなみに花見の名残か、ちょっと風邪気味……。もーちょっと温かくなってから咲く桜を開発せんかなぁ……。

投稿: 神北恵太 | 2006/04/03 11:33

私も風邪気味というか、なんか呼吸が苦しいです。
鼻が詰まっているから余計なのか、それとも別の原因から来る症状なのか、ちょっと不安ですな。

> 「見に行くだけ、まだ買わないつもり」の筈の・・・・

いや、条件が合ったし、それにそうしないとあの場は収まりつかなかったし。
大体さんざん煽ったのはどなたです?

さすがに安物だけ有って、薄い亜鉛メッキ鉄板がペナッペナですな。
早速昨日から使ってます。

投稿: しおさか | 2006/04/04 00:02

しおさか さま

 やはり次回(来年?)は、温かい系(煮炊き系)のスペシャリティーで暖をとることを考えましょう。

> 薄い亜鉛メッキ鉄板がペナッペナですな。

 だから、僕は、十数万円するアルミ削り出しの超頑丈筐体をお奨めしたのに……。(^_^;)

投稿: 神北恵太 | 2006/04/04 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/9393940

この記事へのトラックバック一覧です: 花見をしたぞ:

» [SF大 [その他雑多なこと(tDiary版)]
[SF大会] 花見(だけど企画会議)今年の日本SF大会の有志を中心にシール企画の神北さん、おかてんさんと小金井公園で花見。でも花見は口実で本当は企画会議。 全体会議の場で全部の企画の詳細は詰められるはずもなく、メール等で連絡はとれるけれど、意見の統一までは難しい。やっぱり直接会って話す方が良いという場合はある。 今回はSFセンター試験の実施方法等を中心に話す。T-con2003のように全員でテスト、という訳にはなかなかいかないので、なんとかしたい�... [続きを読む]

受信: 2006/04/04 01:30

« 終末だぞ | トップページ | 観てしもうたぞ »