« もしや、もしやだぞ | トップページ | 死んだら驚いたぞ »

2006/09/24

坂野くんの門出を祝ったぞ

幹事と長老 昨夕、2006年9月23日は、盟友バンちゃん(坂野くん)の結婚祝いの酒宴。

 本当の結婚式自体は9月の頭に故郷の大阪で行なったのだが、新婚夫婦が関東で暮らす事もあり、関東地方での奥さま初のお目見えという事である。

 幹事は一級幹事士ヒロさん。会場のトラットリア パパミラノグランデ 新宿三丁目店は、セゾンプラザの5階……ということは、総力戦研究所の宴会をずっと開いていた居酒屋たぬき(今は咲くら)の1階下。目を瞑っていても行けそうな、よ〜く知った場所だ。
 参加者は大きく分けて、新郎の勤め先の仕事仲間、SF作家谷甲州さんのファンクラブ青年人外協力隊の仲間、そしてゼロコンやT-con2003の日本SF大会のスタッフ仲間(というか、駒八会の仲間?)の3系統。

新郎新婦 一応、高砂席が作られてはいたが、特に小イベント尽くしという訳でもなければ、祝辞続々というものでもないから、新郎新婦はあちこちの席に混じっては、歓談。それは、料理を運んで来たお店の人が、あまりに高砂席の皿が減って行かないので、新たな料理を置く場所が無くなって悩み始めるほど。

 特に何をするという事はないとは云うものの、取り敢えず、お店の備品を借りて、ビンゴ大会。しかし、このビンゴ、あまりにも使いすぎていて、玉がボロボロ、浮き彫りにして塗料で読み易くしてある筈の数字が、ボロボロに削れていて判読に苦慮する。いったい、どれだけの回数を繰り返したら、ここまでになるのか解らない。これもお店の年輪ってヤツ?

 ちなみに、神北はアシスタント役で、司会をするヒロさんの横でビンゴマシンをぐるぐるぐるぐる回しては、難読数字を読み上げていたのだが、席に置いて来たビンゴシートをめくってくれていた女房が、神北のシートで2等「焼酎サーバ」を当てた。家庭用の、常滑焼きのサーバだ。

 しかし、まるっきりの下戸、神北に、こ、これをどうせよと……? ? ?

 いろいろと考えた結果、「こいつぁ、ダイナ☆コンのPXに寄付しよう」ということに衆議一決。

 今度持って行くね。>岡田PX店長

はい、あ〜ん 当然のように、ケーキが出て、お約束のように大向こうから「はーっぴばーすでーとぅゆー」とウケねらいの合掌があって、新郎新婦にもう多分何度目かのお二人初めての共同作業をして頂いた。

 で、その後、お店の方に切り分けてもらったケーキを、新郎新婦が互いに「はーい、ア〜ン!」と食べさせ合っているのが、3枚目の写真。妻の一撃が見事に決まり、夫が今まさにカウンターブローを決めようとしている瞬間。この夫婦、本当に変な気負いがなくて、いい感じ。出会ってから5年というが、時間をかけて、お互いに、お互いを、本当のベターハーフに育て会ったってコトなんだろうなァ。

 幾久しく、仲の良い家庭を築いて下さい。

 さて、で、宴がお開きになってから、鬼頭くん、杉山くん、牛丼仮面くん、藤澤くん、塩坂くんと神北の6人で、お茶でも……と言っていたが、まー2時間ぐらいは取れそうだという事で、一路パセラへ。
 むらさきは一歩先にパーティー会場を後にし、新宿駅から週末、実家に戻ったので、この日の神北は意外と身軽。結構混んでいる時間かと思ったんだが、待ち時間なしで10人部屋に入れて貰えた。おー、アニソン専用歌本が一部屋に4冊。さすがはパセラ。「しかし『一緒に歩こうこの道を』があるのに『さらば友よ』が無いのはイカンぞー。その5バージョンもある『倒せギャラクター』を整理すれば、ガッチャマン枠に充分に入るだろ!!」とかなんとか、ツッコミながら、脳細胞に歌詞が太字で染み付いたような懐かしい歌ばかり歌い続ける。やっぱ、70〜80年代のアニソンは良いねェ。そんなに歌詞を見てなくても良い所がまた良い。

 いや、声枯れましたともサ。2時間、絶叫系アニソン熱唱しまくり。喉死んでます。かくて、力の限り声を振り絞って、坂野家の幸せを祝った夜であった。

|

« もしや、もしやだぞ | トップページ | 死んだら驚いたぞ »

コメント

1次会は新郎・新婦を放っといて盛り上り
2次会は新郎・新婦は来てないのに盛り上り
あれ、主賓はどした?
主賓を祝うハズだったのでは・・・・ (汗)
私達ていったい・・・・  _| ̄|○

まっ、 何はともあれ

坂野さん&奥様、 末永くお幸せに!!  (^_^)

投稿: 牛丼仮面 | 2006/09/24 18:39

牛丼仮面 さま

 ほら一次会も二次会も、両方ともちゃんと、バンちゃんおめでとう……って乾杯したじゃないですか……。(^_^;)

投稿: 神北恵太 | 2006/09/25 00:03

最近のカラオケは「え?この曲が入ってるの?!」と喜ばせておいて、「何であれは入ってないんだ!」とガックリさせてくれることも多いなぁ。

「わが友わが命」や「むかしむかし」が入ってて「妹たちよ」や「さすらいの舟唄」が入ってないのは何でだ!

投稿: 亜蓮 | 2006/09/25 20:03

亜蓮 さま

 地元の安い店に入って「ああ、DAMにはこれがないんだよね」とか「ジョイサウンドって、○○に肩入れしてね? その分△△が煽りを喰ってるよ」とか云うのは致し方ないんですが、パセラみたいな複数系を統合して入れている店で抜け落ちがあると寂しいですよねぇ。

投稿: 神北恵太 | 2006/09/25 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/12017917

この記事へのトラックバック一覧です: 坂野くんの門出を祝ったぞ:

« もしや、もしやだぞ | トップページ | 死んだら驚いたぞ »