« 正月行事だぞ | トップページ | お〜い出て来いだぞ »

2007/01/09

危険な儲け話だぞ

 18万ドルと言えば、現在約2135万円。アメリカに、たった3週間でこれだけ稼いだ女子大生が居る。あなたはチャレンジしてみたいと思うだろうか? ただし、彼女がやったのは、とっても危険なコトである。というよりこれはもう、一つの犯罪なのではなかろうか?

 エキサイトの世界びっくりニュースの2006年1月7日の記事『小麦粉が詰まったコンドーム所持、麻薬密売罪で逮捕された女子大生 』には、とってもおバカな女子大生が、いかにしてたった3週間で2000万円以上を稼ぎ出したかが、書かれている。

[フィラデルフィア 5日 ロイター] 空港で小麦粉を詰めたコンドームを所持していたところ、麻薬と間違われて逮捕され、3週間刑務所に服役する羽目になった女子大生が、フィラデルフィア市に対して人権侵害を訴えて提訴していた。しかし、市が18万ドル(約 2135万円)を支払うことで決着となった。

Bryn Mawr College(米ペンシルバニア州)に通うジャネット・リーさん(21)は2003年、フィラデルフィア国際空港で小麦粉を詰めたコンドーム3つを所持していたところ、麻薬と間違われて逮捕された。

リーさんは麻薬密売罪でフィラデルフィアの刑務所に服役する羽目になり、出所できたのはコンドームに入っていたのが小麦粉だと科学的に証明された3週間後だったという。

 なんというか、イタズラというにはかなり悪質な遊びをしていたこの女子大生には、麻薬ではないと確認されるまでの三週間の服役は、当然の報いのような気がするのだが、貴方はどう考えるだろうか?

  1. 勘違いを誘発するようなガジェットをわざわざ作って持ち歩いた。
  2. 場所が空港というのが、確信的愉快犯である証拠。
  3. 大学生なら、麻薬戦争の激化に関する社会的常識を持っている筈。

……という理由から、空港に対する威力業務妨害罪に問われもせず前科が付かずに済んだだけで御の字と思え、3週間の拘留はお灸だ、……と考えて良いように思うのだが、これも「疑わしきは罰せず」なのだろうか?

 いや、罰せずどころか「疑わしき被告人の利益」になっている気がする。自らの意思で(ジョークのためだけで、何の実用性も持たない)麻薬の密輸法を真似た小道具を持ち歩き、司法の手を煩わせて、挙げ句の果てに人権侵害を訴えて2000万円以上フンだくる。これって、警察相手の「当たり屋」と違うの?

 たしかに、「小麦粉をコンドームに詰めて持ち歩いてはいけない」という法律は無いし、記事に拠ると刑務所に服役となっているから、コンドームの中に入っている白い粉が小麦粉か麻薬かという検査結果を待たずにスピード結審で罪が確定し服役させられた訳だから、人権問題にしても良いんだろうが——その部分の市と司法の判断と行動はたしかに急ぎすぎていて問題を含むのだろうが——どうしても付いて回るナンダカナァ感が拭い切れない。

 他国の事ゆえ法律の細かい事は判らないし、何を言ってどうなる物でもないが、フィラデルフィア市も、裁判もせずに示談で2135万円ポンと払っちまうのは、ちょっと気弱すぎるんでないかい?

|

« 正月行事だぞ | トップページ | お〜い出て来いだぞ »

コメント

あけましておめでとうございます。
 素人考えながらたぶんこれは、市側が弁護士やとって訴訟をうだうだやっているうちに、費用が数千万を超えるだろうと即断して、だったらこっちのほうが出費が少ないと踏んだのでは。
 やけに早い決定は、この手の話は早ければ早いほど、経費節減になるというコンセンサスがもうできてしまっているのでは。
 倫理的真理追究よりも、経費節約の方を優先する事に疑問も無いのかも。

投稿: N | 2007/01/09 23:24

N さま

 あけましておめでとうございます。

 たぶん、市側の示談を持ちかけるタイミングの判断は、そういう費用を考えた上での即断で良いのだと思います。
 しかし、盗人ならざる愉快犯に追い銭、しかも18万ドルというのは、金額的にあまりにも大きすぎると思います。200万ぐらいまで、最大で1日10万円×3週間というのであれば、ワリと納得できる金額かなぁと思うんですがねぇ……。

投稿: 神北恵太 | 2007/01/10 00:36

 秋頃に何かの海外テレビドラマで、弁護士が警察に拘留されている学生に向かって
「1日牢屋にいたら2万ドルだ。いいアルバイトだと思って入ってろ」
 というセリフがあったような気がします。『2万ドル』の部分はうろ覚えですが。
 というわけでその女子大生の方にも(最初から)弁護士がついてるんじゃないでしょうかね。

投稿: 都築由浩 | 2007/01/10 12:20

都築由浩 さま

 あれ、オイラもそのセリフをここ1〜2ヶ月で聞いた気がする。何だっけかなぁ……。(^_^;)
 日本もアメリカも、その司法制度上、拘束する時に「諸君には弁護士を呼ぶ権利と黙秘権がある……」と必ず言わなくちゃならない国ですから、弁護士は付くんでしょうねぇ。

投稿: 神北恵太 | 2007/01/10 18:00

 いや、そうじゃなくて、(最初から)というのは「小麦粉持って飛行機に乗る前から」という意味です。
 ご存じのように弁護士は賠償金の何割か貰えますから、賠償金目当てに女子大生をアルバイトに雇ったと考えれば陰謀説(笑)も……

投稿: 都築由浩 | 2007/01/11 01:59

都築由浩 さま

 うぉう。悪徳弁護士! ……てか、こりゃ完璧な詐欺ですな。映画にするなら、パトリック=スチュワート(ピカード艦長)の弁護士とアリソン=ハニガン(Buffy the Vampire Slayerのバフィーの親友ウィロー)の女子大生でお願いします。(^_^;)
 でもホント、絶対現実に無いとは言い切れなさそな話ですねぇ。

投稿: 神北恵太 | 2007/01/11 04:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/13398392

この記事へのトラックバック一覧です: 危険な儲け話だぞ:

« 正月行事だぞ | トップページ | お〜い出て来いだぞ »