« ワンダーなお祭りだぞ | トップページ | 旅は良いぞ »

2007/02/27

鬼車先生の死を悼むぞ

 我々の世代だと、たぶん車周作(演:高松英郎)という名前は、星一徹と同じぐらいの深い意味を持っていると思う。

 「鬼車」先生である。柔道一直線の。

 高松英郎の太い眉、きつい眼、ぎゅっと引き結ばれた口元は、一種、ガンコ親父のイデアのような面があって、どんなドラマで、どんな役で出て来ても、(たとえ好々爺の優しい爺様の役でも)この人が画面に映るだけでなにか身が引き締まるものがあった。

 77歳、たしかにいいお歳ではある。しかし、昨年秋もTBS系の昼の連続ドラマみこん六姉妹で、主人公の婚約者の謹厳実直な父という役で出ておられて、主役のはしのえみをドギマギさせる名バイプレイヤーぶりを発揮。しっかり笑わせて頂いた。

 まだまだ、いろいろなテレビドラマや映画に出て頂きたかった。残念

|

« ワンダーなお祭りだぞ | トップページ | 旅は良いぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/14072183

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼車先生の死を悼むぞ:

« ワンダーなお祭りだぞ | トップページ | 旅は良いぞ »