« 横山信義さん15周年だぞ | トップページ | う、動くぞ、これ »

2007/04/16

荒川で風に吹かれたぞ

彩湖 昨日は、何の予定も無い日曜日だったので、女房と遠出。最近太り過ぎか血圧もちっと高くなって来たので、ふらふらと荒川第一貯水池、彩湖まで歩いて行ってみた。

 ここは、東京と埼玉の水道水源となっている、全周8キロ(周回道路で8.5キロ)程の貯水池で、正式には「荒川第一調節池」と呼ばれている。旧浦和市・戸田市・川口市のあたりで、北から南へと流れて来た荒川がぐるりと方向を変え、東京都を回り込むように東へ向いて流れて行く、そのカーブの内側に貼り付くように沿う貯水施設。周囲は上流側にあたる北の方を中心に親水公園風に整備され、幾つかの野球場や、遊具を追いた家族向けの遊園施設などになっている。

 昨日は、家から出発して武蔵浦和駅を経由し、西進して田島小学校の脇から荒川方向へ至るルートで、まずは荒川彩湖公園へと入った。

 このあたりは荒川の氾濫野で、JR川越線からこっち、上から西遊馬公園・東京健保運動場・荒川総合運動公園・サーキット秋ヶ瀬・秋ヶ瀬公園ときて、武蔵野線を越えてこの荒川彩湖公園・彩湖道満グリーンパーク・ヤクルト戸田球場・戸田パブリックゴルフクラブ・総合運動公園・戸田市荒川運動公園、埼京線をくぐって川口市浮間ゴルフ、川口市荒川運動公園を経て京浜東北線の鉄橋に至るまで、18キロに渡って芦原か公園かがずーっと続いている。

 彩湖の北端に出た我々は、反時計回りに湖を回り始める。堤防というのは、当然、結構高いところなのだが、その辺りから見回すと空が広い。ツバメが飛んでいたり、ヒバリが飛んでいたり、春だねぇ。

あると
ツバメ返し! ……をしているトコロ。

あると
荒川第一調節池竣工記念碑。

あると
荒川西湖公園の野球グラウンド。

 この西湖の東側は、割と整備された大型公園になっていて、市民の憩いの場という感じがする。川風が気持ち良い。

あると
この川原は数種類のカマキリの生息地だそうで……。

 多くの動植物の棲息域・自生域になっており、湿原は保護されているようだ。サクラソウは、埼玉県の花であり、名前を使った通りや施設等も多いが、このあたりが自生地になっている。

あると
サクラソウ だよね? よく知らんけど。

 最近では、草っ原を見るというのも稀になっていて、なんか楽しい。

あると
タンポポの綿毛。

あると
荒川東岸堤防。左が荒川、右手が彩湖。奥の方チョイ右に
見えるのがさいたま新都心のビル群。空が広い。

 彩湖道満グリーンパークの南端当たりで、池の東西を繋ぐ橋がある。公園として整備されているのはだいたいこの辺りで終わりで、ここから先は、貯水池・調節池としての治水整備の一環として、車や人が行き来出来る堤防道が整備されているにとどまる。そこを

あると
管理橋。湖の東西岸を繋ぐ公園内の橋。背景に見える構造物は、
高速なのに信号がある、首都高大宮線と、外環自動車道の交差点。

 公園整備されている彩湖䅏田半分と違い、南半分や、わりと自然な植生のままにされている堤防の荒川側は、なかなかワイルドなことがいろいろとある。川原には結構な数のアーバンジプシー(ホームレスさんとも云う)がテントを張り、悠々と暮らしていたりする。

あると
荒川アパッチ砦と名付けた謎の要塞基地。冬の寒さを共同で凌ぐ
ためのチムニーなのか? 川原だけにこれからの増水期は住めまい。

あると
空がち

 この上下のふたつの写真は、同じ位置から撮ったもの。レンズの所為で地表付近左右端のエントツや鉄塔が垂直でなく、左右に振られているのが判る。

あると
道がち

 外環自動車道の幸魂大橋(さきたまおおはし)をくぐった辺りに、手頃でカッコいい工場が見える。GoogleMapで調べたところ、東岸が荒川水循環センターで、西岸が和光清掃センターだそうだ。武蔵野の原風景高圧線鉄塔も傍を通り、工場萌えなヒトビトには至福のウォッチポイントである。

あると
水処理場の施設?

あると
昆虫も多い。

 彩湖の端まで来ると、そこは水門がある。調べた訳ではないが、感覚的には、沼津千本港のびゅうおと同じぐらいかな。「荒川第一調節池排水門」というのが正式名称。

あると
彩湖のドン詰まりは水門になっている。

 このまま、西湖沿いに時計回りで一周しようかという予定を変更、そのまま戸田か川口まで歩いて行こうかと云う気になる。天気よし、気持ち良し、元気あり。

あると
戸田ボート。裏っかわからだけど。

 暫く歩くと戸田ボート。ギャンブルは、時間つぶしと、トイレ借りて只で出て来るのもナニな時に、何年にいっぺんかチョコっとパチンコする程度なんだが、某サンデー連載マンガととあるマイミクさんのお陰で、オイラでも建物を知っている。

あると
笹目川の水門。水門は結構機械室の形とかバリエーションが多く
て面白いが、この水門は昭和の健全な格好良さがある。

あると
川原に生えていた謎のパイプ。まさかこの下に秘密基地が?
この下流すぐにある、結構大規模な親水公園の浄水施設か? 

 と、楽しく歩いていたら、旧に雲が増え始め、風が寒くなって来た。座ってオニギリ食ったりシャッターチャンスをおって暫く止まっていたり、もう4時間半ほど風に吹かれているよ、日が傾いてそろそろ寒くなって来る。

あると
荒川夕景。道の先に見えているのが川口ボート。

あると
そんな中、突然見つけた象さんの像さん。

 結局、東京オリンピックのボート競技に使われた(んだよね? たしか)戸田漕艇場を抜けて、JR埼京線戸田公園駅へ。
 かえって地図ソフトで調べたら、家から15.3キロも歩いていたよ。ふー。この後、赤羽の河童天国で風呂入って帰りましたとさ。良い休日でした。

あると
夕景の戸田漕艇場

|

« 横山信義さん15周年だぞ | トップページ | う、動くぞ、これ »

コメント

楽しいレポートありがとうございました。

時期は違うのですが、荒川に行ってみようかと思っていたのでとても参考になりました。ありがとうございました。

投稿: 海外で日本のテレビ | 2013/08/15 10:53

海外で日本のテレビ さま

ああ、お役に立てたなら光栄です。
 今の時期は流石に(物陰が無いので)荒川彩湖堤防を歩くのは厳しいですが、春や秋には非常に気持ちが良い散歩道です。
 かくいう私は最近、自転車に乗るようになって、気楽に流すのに良いコースなので、時々走っております。

投稿: 神北恵太 | 2013/08/15 17:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29746/14701379

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川で風に吹かれたぞ:

« 横山信義さん15周年だぞ | トップページ | う、動くぞ、これ »