2012/04/14

銀河の歴史がまた一幕だぞ

 本日、2012年4月14日(土)から22日(日)まで、舞台『銀河英雄伝説 第二章 自由惑星同盟篇』の東京公演が開催される。(大阪公演は4月28(土)・29(日)の二日。)
 その前日の2012年4月13日(金)、公演初日の前日、東京国際フォーラム ホールCにおいて、公開舞台稽古(ゲネプロ)が行われた。

P4130358
 今回は、ゲネプロの前に、ロビーでのフォトセッションと囲み取材の時間が設けられていて、そちらにも参加させて頂くことが出来た。 フォトセッションおよび囲み取材に応じて頂いたのは、河村隆一さん(ヤン・ウェンリー)・馬渕英俚可さん(ジェシカ・エドワーズ)・野久保直樹さん(ジャン・ロベール・ラップ)・大澄賢也さん(ムライ)・雨宮良さん(アレックス・キャゼルヌ)・中川晃教さん(オリビエ・ポプラン)・松井誠さん(ワルター・フォン・シェーンコップ)・西岡徳馬さん(シドニー・シトレ)の8人。
 あまり芝居やドラマ、歌謡界に明るくない神北でも名前を知っている人が多いのに、ちょっと驚いた。というか、尾張大納言徳川宗睦(『殿さま風来坊隠れ旅』)の西岡徳馬さんだよ! ちょいと奥さん!!

P4130364

 囲み取材の様子は、多分、土日の情報番組(もしくは月曜朝のモーニングショー)に出ることと思うが、やはり、LUNA SEAのボーカルRYUICHIこと河村隆一さんが主人公ヤン・ウェンリーということで、とんでもない数のマスコミが集まった。河村さんは、以前からの銀英伝のファンだそうで、そうとう前に河村さん自らが是非とも演りたいと名乗り出たのだと言う。もうヤンをどうしても演じたかった人だけあって、先日、原作者の田中芳樹さんと対談したときも、その知識と深い読み込みに田中さんが舌をまくほどのファンぶりだったと言う。

続きを読む "銀河の歴史がまた一幕だぞ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/13

『東日本大震災と自衛隊』だぞ

 久々に、自衛隊物を手伝わせて頂いた。
 東日本大震災で、陸海空自衛隊が被災地にいかにして入り、いかに働き、被災者の皆さんを助けて来たかを400通に及ぶ隊員へのアンケートと、著者の長年の自衛隊に対する調査研究を元に纏めた本だ。この中で神北は、大雑把なものだが「どの部隊がどの地区に入ったのか」を自衛隊資料から起こした2葉の地図を寄稿させて頂いた。

 『東日本大震災と自衛隊 自衛隊は、なぜ頑張れたか?』荒木肇(¥1700+税 並木書房)

 日本の社会に根付いた日本の組織である自衛隊が、日本人の資質に基づいた組織作りをし、日本人の心情に根ざした団結力を持ち、日本に降り掛かった大きな自然災害に際して、いかに動いたのか。それを、様々な地域・部署で派垂らした自衛隊員からのアンケートと記録写真から浮き彫りにした一冊。
 神北の地図は、64ページ128枚からなる口絵写真の後、本文直前の6〜7ベージに掲載されている。
 もう、描ける限界に挑戦したような非常に細かい地図なので、ルーペ片手に一度ご覧頂きたい。人員10万6250人、航空機495機、艦艇53隻からなる自衛隊の災害派遣出動の一端なりとも、理解して頂く糸口となれば幸いである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/09/14

モリサワPasport2011始末記だぞ

 Macintoshで使っているモリサワのフォント年間ライセンスシステムMORISAWA PASSPORTを、2011版にアップデートした。
 しかし、初夏に旧マシンから新マシンへ、移行アシスタントを使って環境を移行していたため、モリサワに登録してあるマシンと、今使っているマシンが違うため、思わぬ手間を食ってしまった。
 今後のために、詳しい記録を残す。

続きを読む "モリサワPasport2011始末記だぞ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/27

『帝国亜細亜大戦』だぞ

「タイは失われた領土を回復したい。我々はその領土を通る援蒋ルートを切断したい。つまり利害は一致しているわけだ」参謀本部第八課謀略班班長 門松正一中佐

『帝国亜細亜大戦 紛争勃発!』高貫布士・高嶋規之(経済界リュウノベルズ 933円+税)

 1940年夏。バリでヒトラーが暗殺された世界が舞台。日独の軍事同盟は成立せず、日本は英国との同盟を維持したものの、ドイツを介しヴィシー政権と交渉して仏領インドシナに軍隊を派遣し、中国国民党軍の命脈「援蒋ルート」を絶つ作戦は頓挫してしまう。このまま泥沼のような中国戦線に戦力を取られて行くわけにはいかない軍部は、亜細亜でまったく新しい作戦を展開する。しかしそれは、日本軍を直接動かすものでもなければ、日本の戦争でもなかった。

続きを読む "『帝国亜細亜大戦』だぞ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/04

汝の正体みたり!……だぞ

 図版屋と言う商売柄、友人から献本を頂戴したり、今回は関わってないが前に地図を入れたシリーズの新刊を頂戴することはよくある。本当は全てここに書評を上げねばならないのだが、どうも僕は前世がオオナマケモノ(メガテリウム)な上になまけ妖怪火間蟲入道に若い頃から取り付かれ、ヤメタランスと友誼を結ぶナイスガイなので、ついついずるずると先延ばしにしてしまうことが多い。いや、ホント申し訳ない!

 とはいえ、普通は、小説やアニメ系の本であることが多いのだが、今回珍しく研究書を戴いた。まあ、研究書といっても大学の教科書のような謎の催眠電波を発し続けるハードカバーではない。新潮新書である。

 『もののけの正体——怪談はこうして生まれた——原田実(新潮新書 720円(+税))

 歴史研究家であり、歴史の中に意図的に織り込まれた「偽史」や妖怪等を得意なフィールドとする原田実さんの近著だ。
 第一章の開幕からお題は、安永7年の江戸で評判になった見世物小屋の「鬼娘」だ。大人気で「ニセ鬼娘を置くインチキ見せ物小屋」が幾つも出来、10年も経ってから「あの鬼娘は今」式の黄表紙本が出回ったと言うから、1976年のオリバー君騒動のような大騒ぎである。(ニセ鬼娘とかいうものの、本家本元「本物の」鬼娘がいったい何であったのかは、まぁ、判りはしないのだが……。(^_^;))

 この江戸を席巻した第一次鬼娘ブーム(ちなみに第二次ブームは1981年に始まる)をもたらすほど江戸期にはポピュラーな存在になっていた「鬼」について、古書を巡り、『出雲国風土記』に始まり、「オニ」と「ワニ」は人を食うものとして同じ語源から発したのではないかと言う語源説を挿み、平安期には既に追儺の儀式で、災い=鬼を祓うプロトコル(儀式手順)が完備され、政治システムに圧力弁として組み込まれているという話へと続く。

 そしてこの鬼を筆頭に、天狗、河童、幽霊、狐狸、化猫……、と、お馴染みの顔ぶれが、日本人の精神構造や善悪観、生活の有り様を規定して行く枠組みの中に、次々と組み込まれて行く小気味良い筆運びが続く。
 また、広くは日本文化のうちでありながらも独自の文化血脈を色濃く残す琉球や蝦夷アイヌの民話にある妖怪にも話は及び、妖怪と日本人との長い長い付き合いを顥かにして行く。こうして解かれると、妖怪への理解も深まり、日本人の精神風土も、道徳観も生死観も、いっそう良く見えてくるという作り。

続きを読む "汝の正体みたり!……だぞ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/17

HS10を使い始めたぞ

 先週の日曜日に、 finepix HS10 を買った。これまでの S9000 の後継機だ。
 有効画素数1030万画素、最高感度 ISO6400相当、5軸手ブレ補正。まあ、今日的な大レンズ口径コンパクトデジカメ(神北いうところのニセ一眼)としてはこんなものかなぁという標準的なスペックだが、24mm〜720mm相当の30倍の高倍率ズームがオイシい特徴だ。その上、発売から半年近く経って、36,000円まで値も下がっている。

 まあ、倍率だけで言うならばキヤノンの新製品 PowerShot SX30 IS が24mm〜840mm相当35倍ズームで上を行くのだが、これは新発売で現状50,300円する上、電動ズームなのと専用電池なのがマイナスポイント。HS10は手動ズームであること、電源が単三電池4本であることが決め手だった。ズームボタンを押して35倍ものズームを行き来するのは、何とも快適である。が、それはモーターが回っていると言うこと。しかも、神北は「さあ、明日は写真を撮るぞぉ、ワクワク」というほどカメラを神聖視しない。いつでも持っていて、機会があればさっと取り出して撮影したい。だからカメラは基本的にバッグに入れっ放しであり、出し入れし易くかつカメラを傷めないようにバッグはここ何年かカメラバッグを使っている。長期間入れっ放しでも電池の保ちが良いようにエネループを使い、一組分は予備を持っている。
 それでも何年か前、S9000で東京モーターショーを端から撮った時に、そのころはまだエネループにしてなかったのだが、持って行った電池はカメラに入れた物も予備の物も共に尽きてコンビニで単三4本セットを何度も買いながら次々と交換して一日中撮り続けた。専用電池と比べると少々筐体が大きくなるものの、こういう使い方が出来るのが単三型電源の良いところ。日本のそこそこの街に居る限り、電源が尽きて途方に暮れることはない。ま、財布の中身が尽きると電源も尽きるのだが……。

続きを読む "HS10を使い始めたぞ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/15

夏の仕事が本になるぞ

 唐突だが、夏からこの秋口まで掛けて描いた、今年やった仕事の中でも地図としてわりと力の入った仕事が、ついに本になって出る。

「文藝春秋12月臨時増刊『坂の上の雲』日本人の奇跡」 10月20日発売

 昨秋出た『文藝春秋増刊 「坂の上の雲」と司馬遼太郎』に続き、 2010年12月増刊号として刊行されるこの本に、高貫布士さんのご協力を得て、カラー地図を7枚ほど描かせていただいた。
 一夏、中国地名、簡体字と格闘し、相当しつこく地点特定を重ねた結果だ。

 わりと、日露戦争について普遍的に眺められる地図になっていると思うので、是非、ご興味がおありの方はご一読下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/18

GPSロガーを試したぞ

 最近、自転車に乗っている。20年程前に、面白がって買ったパナソニックのMTB(マウンテンバイク)を実家の車庫から引っ張り出して送って貰ったのだ。
 おかげで、冬の間歩いていた、さいたま市-東京間が、半分以下の時間で済むようになって来た。歩くと、ほぼ時速5キロで、池袋まで17.5キロが 3時間半。秋葉原まで23キロが4時間半〜5時間(さすがに4時間以上歩くと、少々疲れが出て速度が落ちてくる。)なのだが、自転車だと秋葉原が2時間半。それがなんとか最近では2時間弱程度に縮小されて来た。1時間半にならないのは、どこかで水分を補給したり、ランプの電池の交換をしたりという雑事がかなりあること、平均時速12キロ。49歳で20年ぶりに自転車に乗り始めるとさすがに5キロとか10キロとかの長距離を自動車に伍して車道を走り続けるのはしんどい。だから主に歩道を走っている遅い自転車乗りなのだ。まあ、高校時代は往事のサイクリング車で、最高時速30キロ超とか出していたし、主に10キロ程度までとはいえ、時速24キロ巡航とかで激走していたのだから、おいおいもう少しは脚力も回復して来るのだろうが、今はこんなところだろう。そもそも裏道を多用した四日市の田舎道爆走とくらべて、首都圏の混む道を往くのは格段に走り難いからなぁ。おかげで、雨でない限り東京方面への出撃は基本自転車になった。まあ、ここ暫くは梅雨の影響で走れない日も多かったが、2日に1回はそこそこの距離を自転車で走っている。

M-241外見
M-241
 小型かつ安価なGPSロガーとして人気の高い機種。Bluetooth接続が高い評価を集めている。

 とはいえ、こういう暮らしになると、自転車の速度とかが少しは気になる。が、速度計(最近ではサイクルコンピュータなんてカッコいい言葉で呼ばれ、いろんな機能を持っているが、別にタイムトライアルをしているわけでもないので、そこまでは要らない。)を導入する程でもないので、一計を案じてGPSロガーを導入した。HOLUXのM-241という機種だ。

 この機械の良いところは、売れている機種なので対応するソフトが割と多いこと。またMacへも非公式ながらもかなりの対応が成されており、実質、困らない程度には使えることと、値段が1万〜1万2千円程度と、機能の割には安価であること、等が上げられる。なんせ、これはいいと多くの自転車乗りがご推薦のGARMINのGPSロガーなんざぁ、5万10万アタリマエの世界なのである。神北はあまりBluetoothにはメリットを見出していないので、更に安価なBluetooth機能抜きの廉価版のM241cという選択肢も考えたのだが、行ってみた店に置いてないんじゃ話にならない。まぁ、この懐かしのコダック・フィルムみたいな形状とカラーリングも嫌いじゃないしね。

続きを読む "GPSロガーを試したぞ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/16

『斬光のバーンエルラ』が面白いぞ

「――あいつの目当てはオレの剣だ。やっぱりオレが出ていく。おまえらは逃げろ」レーネディア・シャール

『斬光のバーンエルラ』穂村元 (MF文庫J 2010年4月30日発行 ¥580(税別))

 全ての文明の利器が、その動力をエルラ鉱に頼っている世界。バイヨン王国の片隅にあるエルラ鉱の採れる鉱山村デント。そのデント村に暮らす少年レネことレーネディア・シャールは、三年前にこの村にやって来た母一人子一人の流れ者。老母を養うため、大人達に混じって坑夫として働いていた。毎日毎日エルラ鉱を掘り出し、鉱山の管理官に計量して貰い、僅かな稼ぎを得る暮らしをしていた。
 しかし、そのレネの元を一人の女が訪ねた時から、彼の運命は一転する。女は、レネではなく「シャールという苗字の人」を探して来たのだ。
 嫌な予感がした。母の身を案じ、村へ飛んで帰るレネは、村の入口で歳若い行き倒れの少女を見つける。
 謎の女と行き倒れの少女。この二人の登場が、自分とバイヨン帝国、そしてこの世界の運命を大きく変えることになろうとは、その時のレネはまだ思いもしなかった。

 面白い。レネが持つバーンエルラの大剣を巡り、バイヨン王国の王子達が暗躍する中、常にマイペースの少年と、いろいろな経緯からその周りに集まる少女達。大ボケ天然主人公を取り囲むツンデレ・ヤンデレ・ドジッ娘・タカビー……、キャラクターのバリエーションは型通りだが、お話はかなり大きなものを感じさせる。
 中核メンバー紹介編となる村でのドタバタ、やみくもに旅立った主人公が己の出自を知り旅の大目標を定める最初の中ボス戦、物語を深めるためのヒロイン達の背負って来た人生や輪郭を徐々に見せてゆく第二の中ボス戦までが、この巻では描かれている。なんとも良く練られた構成であり、輪を描くようにして一つ一つの物語が大きなループとなり、テンポ良く流れてゆく。

 抑揚と抑制、会話と描写、静と動。言葉が、文章が、ストーリーが、とてもよいバランスで組み立てられており、どんどん読んで行ける。穂村元(ほむらはじめ)の筆、なかなかどうして、見事なものである。恐ろしき、注目に値する新人と言わざるを得まい。

 是非、読んでみていただきたい。ちゅうか、読め! 買え! ファンレターを書け! これは、書き継がれるべき物語だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/03/16

東京都が大変だぞ

 東京都が、狂いかけている。
 政治の歯車が今、おかしな方向に歪み、不要にして有害な回転を加えようとしている。この日記はちょっと長いが、日本で暮らす誰にとってもたいへん重要なことなので、是非最後まで読んでみていただきたい。

 ことは、平成二十二年、つまり今年2010年の年2月24日に提出された、第三十号議案「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」に始まった。この全文は、ここにある。(読みづらいのは勘弁していただきたい。本来これは、提出者や都議会が奇麗に整形して都民に広報すべき議案詳細ではないかと思うのだが、そういう場ではなく、読みに行って複写し、テキストに落とした方がおられて、初めて我々が見ることが出来た文面なのだ。)
 『無名の一知 財政策ウォッチャーの独言』さんが、2010年02月27日のエントリー「番外その22:東京都青少年保護条例改正案全文の転載」で、既存の条例文に改正案を組み込み、(比較的)見やすいものを作られたので、これもご参照いただくと少しは判りやすいかもしれない。

続きを読む "東京都が大変だぞ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧